Books, Original Papers & Review Papers- YAMASHITA Hiroshi -
number of results to view: what to display: sort:
[B]:Books [O]:Original Papers [R]:Review Papers
total:239
[1997]
181.[R] アジア映画の現在-異文化間コミュニケーションとの関連も踏まえて.[東北大学大学院国際文化研究科 壱岐泰彦編『異文化間におけるコミュニケーションの基礎的研究』(平成8年度特定研究経費成果報告書), (1997), 23-27]山下博司
182.[R] 映画と女性-あいち国際女性映画祭'96に参加して.[国立民族学博物館 『民博通信』, (1997), 86-96]山下博司
[1996]
183.[O] 「アゥヴァイヤール作『アーッティ・スーディ』-ヴェーンカタサーミ・ナーッタール註の和訳と解説(1)-」.[『東洋文化研究所紀要』(東京大学東洋文化研究所),第131,(1996),263-285]山下博司(和訳・訳注・解説)
184.[R] CDライナーノート『ボンベイ & インディラ』(解説6頁+訳詞10頁).[オルターポップ発売(メタカンパニー配給) オルターポップ発売(メタカンパニー配給), (1996), -16]山下博司(和訳と解説)
185.[R] CDライナーノート『ムトゥ-踊るマハラジャ』(解説2頁+訳詞3頁).[オルターポップ発売(メタカンパニー配給), (1996)]山下博司(和訳と解説)
186.[R] インド人の暮らしと映画.[住友商事広報室 『NEXTAGE』,(43), (1996), 14-19]山下博司
187.[O] 大野晋博士の所謂《日本語=タミル語同系説》に寄せて-一タミル学徒の雑感.[『日本研究』第13集(国際日本文化研究センター、角川書店製作),(1996),185-221]山下博司
188.[R] The Cult of Aiyanar: A Note on a Rural Godling in Present-day Tamilnadu.[Institute for the Study of Languages and Cultures of Asia and Africa(東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所) T.Mizushima & H.Yanagisawa (eds.), History and Society in South India(科研費・総合研究成果報告書), (1996), 58-76]山下博司
[1995]
189.[B] 『ニューグローヴ世界音楽大事典』(南インド古典音楽・古典舞踊関係の語彙表記の校閲と監修).[講談社・約12000頁(本巻のみ)1995年完結,(1995)]山下博司
190.[R] 書評 「中村元『比較思想論』と湯田豊『比較思想論』-比較思想論を比較する試み」.[東北大学国際文化研究科 『国際文化研究科論集』,(3), (1995), 123-136]山下博司、山下剛
191.[B] 『原インドの世界-生活・信仰・美術』 、「苦行と憑依-南インドの女神信仰」の節を執筆.[東京美術・全207頁,(1995)]フジタヴァンテ編・小西正捷監修、山下博司他著
192.[B] 『図説・インド歴史散歩』、「植民地下のインド-マドラス」の章を執筆.[河出書房新社・全127頁,(1995)]小西正捷編・岩瀬一郎編、山下博司他著
193.[R] 「Dravidology-その現状、展望及び課題-」.[『第二回東北大学国際文化学会大会研究報告予稿集』, (1995), 5-6]山下博司
194.[B] "A Contrastive Word-list of Tamil, Kannada and Malayalam"(マラヤーラム語の語彙表を担当).[東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所,(1995)]共同製作者:町田和彦、高島淳、峰岸真琴、高橋孝信、家本太郎、山下博司;
195.[O] 「重ねられるイメージ、すり替えられる神々-南アジアの宗教に見られるイメージ操作と改宗のストラテジー」.[石井溥編『南アジア・東南アジアにおける宗教、儀礼、社会-「正統」、ダルマの形成・波及と変容』(Monumenta Serindica No.26)、東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所,(1995),35-58]山下博司
196.[B] 『インド・道の文化誌』 、「ムルガン神の聖地めぐり-南インド・タミルナードゥのヒンドゥー教世界」の章を執筆.[春秋社・全iii+315頁+索引,(1995)]小西正捷・宮本久義編、山下博司他著
197.[O] Some Remarks on Tirumal/Visnu Cult in Early Tamil Religion and Literature with Special Reference to the Tirumal Odes of the Paripatal (pdf: http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/55585/1/1341-0857-2012-20-191.pdf).[『東洋文化研究所紀要』第126冊(東京大学東洋文化研究所),(1995),73-157]山下博司
198.[R] 万物一体の理想-インド人の自然と世界.[住友商事広報室 『NEXTAGE』,(36), (1995), 22-26]山下博司
199.[R] 「インド文化と<笑い>-ユーモアをめぐる比較文化論」(国際文化研究科第2回公開講座・国際文化基礎講座『言語と文化-異文化の壁を超えて』、6~13頁).[(1995)]山下博司
[1994]
200.[B] 単訳『神殿-天と地の出会い』(イメージの博物誌29)、全102頁.[平凡社,(1994)]ジョン・M・ルンドクィスト著、山下博司訳
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University