Review Papers- KANO Junya -
number of results to view: what to display: sort:
total:45
[2018]
1.Granular Simulation Technology and Application for Production Process.[Journal of the Japan Society for Precision Engineering,84(7), (2018), 597-602]Michinori YAMAMOTO, Junya KANO
[2016]
2.DEMシミュレーションを活用した回転ドラムにおける粒子形状が混合に及ぼす影響解析.[PHARM TECH JAPAN(ファームテク ジャパン),32(8), (2016), 133-136]山本通典, 石原真吾, 加納純也
3.DEMシミュレーションを活用した粉体混合における粒子密度の影響解析.[セラミックス,51(6), (2016), 366-368]山本通典, 石原真吾, 加納純也
[2015]
4.製鉄プロセスにおける粉体シミュレーションの活用.[粉体工学会誌,52(10), (2015), 585-594]加納純也, 石原真吾
5.下水汚泥からの新しい水素製造方法.[再生と利用,39(147), (2015), 96-101]加納純也
[2013]
6.Application of DEM Simulation to Design of Powder Processing.[粉体工学会誌,50(2), (2013), 33-44]Junya Kano
[2012]
7.粉砕と加熱による廃棄物からの新しい水素製造法<木質バイオマス、廃プラ、下水汚泥を対象にした場合>.[配管技術,54(6), (2012), 1-6]張 其武, 加納純也, 齋藤文良
8.木質バイオマス、樹脂、下水汚泥からの新しい水素製造法.[クリーンエネルギー,21(4), (2012), 34-39]張 其武, 加納純也, 齋藤文良
[2011]
9.有価金属回収の予備処理プロセスとしてのメカノケミストリーの応用.[金属,81(11), (2011), 12-18]杉辺英孝, 加納純也, 齋藤文良
10.粉砕と加熱の組み合わせによる木質バイオマスからの高純度水素製造.[金属,81(11), (2011), 19-25]張 其武, 加納純也, 齋藤文良
[2010]
11.粉体技術者のための粉体入門講座11 粉体加工-6(粒子複合化).[粉体技術,2(7), (2010), 78-79]加納 純也
12.粉体技術者のための粉体入門講座10 粉体加工-5(分級).[粉体技術,2(6), (2010), 80-81]加納 純也
13.粉体技術者のための粉体入門講座9 粉体加工-4(成形).[粉体技術,2(5), (2010), 82-83]加納 純也
14.粉体技術者のための粉体入門講座8 粉体加工-3(混合).[粉体技術,2(4), (2010), 74-75]加納 純也
15.粉体技術者のための粉体入門講座7 粉体加工-2(造粒).[粉体技術,2(3), (2010), 74-75]加納 純也
16.Analysis of abrasion mechanism of grinding media in a planetary mill with DEM simulation.[Advanced Powder Technology,21(3), (2010), 212-216]Akira Sato, Junya Kano, Fumio Saito
17.粉体技術者のための粉体入門講座6 粉体加工-1(粉砕).[粉体技術,2(2), (2010), 72-73]加納 純也
18.液晶パネルからのインジウムの回収を目指したITOのメカノケミカル還元.[ケミカルエンジヤリング,55(5), (2010), 329-333]加納純也
[2009]
19.A Role of DEM Simulation for Optimizing and Media Mill Design and Operation.[China Powder Science and Technology,15, (2009), 3-4]Junya KANO
20.Developments of Advanced Materials and Resources Processes by Using Mechanochemical Phonemona.[セラミックス,44(10), (2009), 782-790]Qiwu ZHANG, Junya KANO, Fumio SAITO
Page: [1] [2] [3] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University