Review Papers- DOH-URA Katsumi -
number of results to view: what to display: sort:
total:118
[2000]
81.【神経疾患の分子医学】 プリオン病の分子医学 (現代医療).[現代医療,32(9), (2000), 2310-2313]川島敏郎, 堂浦克美
82.【アルツハイマー病の全て】 正常加齢とアルツハイマー病の関連疾患 クロイツフェルト・ヤコブ病 (脳の科学).[脳の科学,22(増刊), (2000), 371-374]川島敏郎, 堂浦克美
83.MRI-FLAIR像でのみ初期病変が描出され,特異な臨床症状を認めたcodon232点変異Creutzfeldt-Jakob病の1例.[臨床神経学,40(1), (2000), 51-54]斉藤従道, 五十棲一男, 小松本悟, 奈良昌治, 鈴木慶二, 堂浦克美
[1999]
84.神経疾患-state of arts 主要疾患-現況・病態・診断・治療 プリオン病 コンフォメーション病の代表的疾患 (医学のあゆみ).[医学のあゆみ,別冊(神経疾患 state of arts Ver.1), (1999), 510-513]堂浦克美
85.Gerstmann-Straeussler-Scheinker症候群 (Clinical Neuroscience).[Clinical Neuroscience,17(5), (1999), 584]堂浦克美
86.痴呆の治療ガイドライン 代表的な痴呆疾患及び痴呆概念 クロイツフェルト・ヤコブ病 (精神科治療学).[精神科治療学,14(増刊), (1999), 95-100]川島敏郎, 堂浦克美
87.遺伝子診断 プリオン病 (臨床検査).[臨床検査,43(5), (1999), 567-572]古川ひさ子, 堂浦克美
88.目で見る感染症 プリオン病 Creutzfeldt-Jakob病とGerstmann-Straeussler-Scheinker症候群 (化学療法の領域).[化学療法の領域,15(4), (1999), 513-517]堂浦克美
89.遺伝子と疾病研究の最前線をゆく プリオン病研究とプリオン仮説の行方 (実験医学).[実験医学,17(4), (1999), 503-509]堂浦克美
90.【新興・再興感染症】 プリオン病 (カレントテラピー).[カレントテラピー,17(2), (1999), 344-347]田代博史, 堂浦克美
[1998]
91.感染症 クロイツフェルト・ヤコブ病(プリオン病) (診断と治療).[診断と治療,86(11), (1998), 1789-1793]堂浦克美
92.ニューロサイエンスの仮説 伝達性海綿状脳症とプリオン仮説 (脳の科学).[脳の科学,20(9), (1998), 1023-1026]川島敏郎, 堂浦克美
93.【新興再興感染症】 原虫感染症その他 ヒト・プリオン病 最近の統計と診断マーカー (医学のあゆみ).[医学のあゆみ,185(5), (1998), 370-374]堂浦克美
94.臨床医のための神経病理 プリオン病 (Clinical Neuroscience).[Clinical Neuroscience,16(4), (1998), 364-365]田代博史, 堂浦克美
95.【痴呆の原因疾患としての感染症】 プリオン病 プリオンタンパクの異常と神経疾患 (老年精神医学雑誌).[老年精神医学雑誌,9(3), (1998), 260-264]川島敏郎, 堂浦克美
96.【Emerging and Re-emerging Infectious Diseases】 プリオン病 (Pharma Medica).[Pharma Medica,16(3), (1998), 67-71]田代博史, 堂浦克美
[1997]
97.【神経系疾患と臨床検査】 生化学・遺伝子 プリオン病 (臨床検査).[臨床検査,41(11), (1997), 1313-1317]古河ひさ子, 堂浦克美
98.【痴呆の病態と免疫機序】 プリオン病とミクログリア (Dementia Japan).[Dementia Japan,11(4), (1997), 420-427]堂浦克美
99.【最近注目される感染症】 プリオン病 (臨床科学).[臨床科学,33(9), (1997), 1218-1224]堂浦克美
100.プリオン病の遺伝子異常と病理 (脳と神経).[脳と神経,49(8), (1997), 681-687]田代博史, 堂浦克美
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University