Review Papers- DOH-URA Katsumi -
number of results to view: what to display: sort:
total:106
[2017]
1.プリオン病の多様性と治療開発.[(株)羊土社 実験医学 増刊,35(12), (2017), 27-35]逆瀬川 裕二、堂浦 克美
2.プリオン病のアミロイドーシス.[医歯薬出版株式会社 最新 アミロイドーシスのすべて, (2017), 226-236]照屋 健太、堂浦 克美
[2016]
3.Insights from Therapeutic Studies for PrP Prion Disease..[(2016)]Teruya K, Doh-ura K.
[2015]
4.プリオン(異常プリオン蛋白)の伝播.[Clinical Neuroscience,33(3), (2015), 260-264]倉橋 洋史、堂浦 克美
[2013]
5.プリオン病の診断と治療  プリオン病治療の現状と展望.[Clinical Neuroscience,31(9), (2013), 1093-1095]倉橋洋史,堂浦克美
[2012]
6.神経ウイルス感染症の最前線 プリオン病研究の最前線.[NEUROINFECTION,17(1), (2012), 136-141]堂浦克美
[2011]
7.【認知症学 下-その解明と治療の最新知見-】 臨床編 プリオン病の診断と治療 孤発性プリオン病 Creutzfeldt-Jakob病と治療薬開発 (日本臨床).[日本臨床,69(増刊10 認知症学(下)), (2011), 411-414]逆瀬川 裕二, 堂浦 克美
8.プリオン病の疫学から治療まで プリオン病の分子標的治療薬の開発 (NEUROINFECTION).[NEUROINFECTION,16(1), (2011), 79-86]逆瀬川 裕二, 木村 朋寛, 堂浦 克美
9.分子イメージング法を用いた創薬科学 薬物副作用と疾患病態研究 (臨床薬理).[臨床薬理,42(4), (2011), 245-252]田代 学, 谷内 一彦, 岡村 信行, 古本 祥三, 張 冬頴, 渋谷 勝彦, 福土 審, 金澤 素, 鹿野 理子, 森下 城, 田中 由佳里, 武田 篤, 菊池 昭夫, 松岡 洋夫, 伊藤 千裕, 佐藤 博俊, 井樋 栄二, 佐野 博高, 岸本 光司, 柏葉 光宏, 近江 礼, 篠崎 晋久, 黒川 大介, 古川 勝敏, 冨田 尚樹, 荒井 啓行, 藤本 敏彦, 関 隆志, 工藤 幸司, 堂浦 克美, 吉岡 孝志, 堀川 悦夫, 伊藤 正敏, 山口 慶一郎, 岩田 錬, 船木 善仁, 石川 洋一, 平岡 宏太良, 四月朔日 聖一, 三宅 正泰, マスド・メヘディ 小倉 毅, 武田 和子, 馬場 護, 石井 慶造
[2010]
10.最新事情 プリオン病のメカニズムと治療戦略 (Medical Bio).[Medical Bio,7(1), (2010), 48-55]照屋健太, 堂浦克美
[2009]
11.プリオン病の最新トピックス プリオン病の治療予防開発 (臨床神経学).[臨床神経学,49(11), (2009), 946-948]堂浦克美
12.Continuous intraventricular infusion of pentosan polysulfate: clinical trial against prion diseases. (Neuropathology).[Neuropathology,29(5), (2009), 632-636]Tsuboi Yoshio, Doh-Ura Katsumi, Yamada Tatsuo
13.認知症治療の最前線を知る プリオン病治療薬開発の現状 (Dementia Japan).[Dementia Japan,23(2), (2009), 90]堂浦克美
14.プリオンタンパク質の細胞内局在に対するプリオン病治療薬の影響.[日本薬学会年会要旨集,129年会(3), (2009), 258]福内友子, 櫛来亮子, 奥田勝博, 瀧口益史, 堂浦克美, 太田茂, 吉原新一
[2008]
15.硬膜移植後18年の経過を経て発症したDura-variant CJDの1例.[臨床神経学,48(10), (2008), 763-]吉原章王 宇川義一 遠藤一博 本間真理 高橋幸利 堂浦克美 北本哲之
16.牛海綿状脳症罹患牛血清中に検出されたグリア線維性酸性蛋白質.[日本獣医学会学術集会講演要旨集,146回, (2008), 275]野村幸子, 宮庄拓, 前田尚之, 堂浦克美, 横田博
17.プリオン病 診断・治療研究の最近の進歩と課題 (SRL感染症フォーラム講演集).[SRL感染症フォーラム講演集,12回, (2008), 6-11]堂浦克美, 堤裕幸
18.New series of antiprion compounds: Pyrazolone derivatives have the potent activity of inhibiting protease-resistant prion protein accumulation (2007) 50, (5053-5056)).[Journal of Medicinal Chemistry,51, (2008), 1503-]Ayako Kimata, Hidehiko Nakagawa, Ryo Ohyama, Tomoko Fukuuchi, Shigeru Ohta, Katsumi Doh-ura, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata
10.1021/jm8000532
http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=41649102011&partnerID=40
[2007]
19.前頭側頭型痴呆における遺伝子解析.[老年期痴呆研究会誌,14, (2007), 190-195]尾篭晃司, 前田直子, 中川康司, 一宮厚, 小林祐樹, 光安博志, 川嵜弘昭, 田北昌史, 堂浦克美
20.プリオン病に対するペントサンポリサルフェート脳室内持続投与療法の副作用.[臨床神経学,47(12), (2007), 1167]坪井義夫, 堂浦克美, 山田達夫
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University