Books, Original Papers & Review Papers- DOH-URA Katsumi -
number of results to view: what to display: sort:
[B]:Books [O]:Original Papers [R]:Review Papers
total:252
[2007]
61.[R] 神経感染症の治療の進歩と将来の展望 プリオン病への治療アプローチ (神経治療学).[神経治療学,24(6), (2007), 647-650]堂浦克美
62.[O] Creutzfeldt-Jakob病に対する新たな治療戦略 ベントサンボリサルフェート脳室内投与の安全性と問題点.[日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,66回,(2007),3J-O54]大城真也, 福島武雄, 坪井義夫, 堂浦克美
63.[O] New series of antiprion compounds: pyrazolone derivatives have the potent activity of inhibiting protease-resistant prion protein accumulation..[J Med Chem,50(21),(2007),5053-5056]Kimata Ayako, Nakagawa Hidehiko, Ohyama Ryo, Fukuuchi Tomoko, Ohta Shigeru, Doh-ura Katsumi, Suzuki Takayoshi, Miyata Naoki
64.[R] Creutzfeldt-Jakob病に対する新たな治療戦略 ベントサンボリサルフェート脳室内投与の安全性と問題点.[日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,66回, (2007), 3J-O54]大城真也, 福島武雄, 坪井義夫, 堂浦克美
65.[O] Impairment of microglial responses to facial nerve axotomy in cathepsin S-deficient mice..[J Neurosci Res,85(10),(2007),2196-2206]Hao Hai Peng, Doh-Ura Katsumi, Nakanishi Hiroshi
66.[R] 【プリオン病と遅発性ウイルス感染症 最新の基礎・臨床研究】 プリオン病 プリオン病の診断支援・治療への試み (日本臨床).[日本臨床,65(8), (2007), 1417-1422]逆瀬川裕二, 堂浦克美
67.[O] Prophylactic effect of dietary seaweed Fucoidan against enteral prion infection..[Antimicrob Agents Chemother,51(6),(2007),2274-2277]Doh-Ura Katsumi, Kuge Tomoko, Uomoto Miyuki, Nishizawa Keiko, Kawasaki Yuri, Iha Masahiko
68.[O] Chelating compound, chrysoidine, is more effective in both antiprion activity and brain endothelial permeability than quinacrine..[Cell Mol Neurobiol,27(3),(2007),303-316]Doh-ura Katsumi, Tamura Kazuhiko, Karube Yoshiharu, Naito Mikihiko, Tsuruo Takashi, Kataoka Yasufumi
69.[O] Experimental treatments for human transmissible spongiform encephalopathies: is there a role for pentosan polysulfate?.[Expert Opin Biol Ther,7(5),(2007),713-726]Rainov N G, Tsuboi Y, Krolak-Salmon P, Vighetto A, Doh-Ura K
70.[R] 神経感染症の治療の進歩と将来の展望 プリオン病への治療アプローチ (神経治療学).[神経治療学,24(3), (2007), 280]堂浦克美
71.[R] 【最近注目される脳神経疾患治療の研究】 プリオン病の分子標的治療 (BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩).[BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩,59(4), (2007), 405-414]逆瀬川裕二, 堂浦克美
72.[R] 蛋白コンフォメーションのインビボ画像診断 (新しい医療機器研究).[新しい医療機器研究,12, (2007), 103-104]工藤幸司, 古本祥三, 岡村信行, 谷内一彦, 堂浦克美, 荒井啓行
73.[R] プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 特殊な病型のCreutzfeldt‐Jakob病の画像所見とアミロイドイメージングの試み.[プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 平成18年度 総括・分担研究報告書, (2007), 88-92]志賀裕正, 湯浅龍彦, 佐藤克也, 佐々木真理, 原田雅史, 藤田浩司, 三條伸夫, 岡村信行, 工藤幸司, 堂浦克美, 中村起也, 坪井義夫, 糸山泰人
74.[R] ヒト由来のグルタミン酸受容体GluR5リガンド結合部位の結晶構造解析.[生化学, (2007), 1P-0039-]篠原正将, 海野昌喜, 照屋健太, 酒井隆一, 堂浦克美, 佐々木誠, 齋藤正男
75.[R] 酪農学園大学における牛海綿状脳症(BSE)被害根絶プロジェクト.[酪農ジャーナル,60, (2007), 23-25]横田 博, 厚木 理彩, 堂浦 克美, 野村 幸子, 宮庄 拓
76.[R] プリオン病の画期的治療法に関する臨床研究と基礎研究 末梢投与可能な次世代型プリオン病治療薬開発に関する研究.[プリオン病の画期的治療法に関する臨床研究と基礎研究 平成18年度 総括・分担研究報告書, (2007), 29-30]堂浦克美, 小熊歩, 魚本幸, 山田有希, 伊藤由美子, 西澤桂子, 川崎ゆり, 逆瀬川裕二
77.[R] プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 末梢投与型プリオン病治療予防薬の開発に関する研究.[プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 平成18年度 総括・分担研究報告書, (2007), 177-180]堂浦克美, 川崎ゆり, 伊藤由美子, 山田有希, 川越敬一, 陳忠正
78.[R] プリオン病の画期的治療法に関する臨床研究と基礎研究 経口投与型プリオン病治療予防薬の開発に関する研究.[プリオン病の画期的治療法に関する臨床研究と基礎研究 平成18年度 総括・分担研究報告書, (2007), 23-28]堂浦克美, 川崎ゆり, 伊藤由美子, 山田有希, 川越敬一, 陳忠正
[2006]
79.[O] プリオン病に対するペントサンポリサルフェート脳室内持続投与法.[臨床神経学,46(12),(2006),1116]坪井義夫, 堂浦克美, 山田達夫
80.[O] Metal complexes with superoxide dismutase-like activity as candidates for anti-prion drug..[Bioorg Med Chem Lett,16(23),(2006),5982-5987]Fukuuchi Tomoko, Doh-Ura Katsumi, Yoshihara Shin'ichi, Ohta Shigeru
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University