Books, Original Papers & Review Papers- DOH-URA Katsumi -
number of results to view: what to display: sort:
[B]:Books [O]:Original Papers [R]:Review Papers
total:252
[2009]
41.[O] プリオンタンパク質の細胞内局在に対するプリオン病治療薬の影響.[日本薬学会年会要旨集,129年会(3),(2009),258]福内友子, 櫛来亮子, 奥田勝博, 瀧口益史, 堂浦克美, 太田茂, 吉原新一
42.[R] プリオンタンパク質の細胞内局在に対するプリオン病治療薬の影響.[日本薬学会年会要旨集,129年会(3), (2009), 258]福内友子, 櫛来亮子, 奥田勝博, 瀧口益史, 堂浦克美, 太田茂, 吉原新一
43.[O] Amyloidophilic compounds for prion diseases..[Infect Disord Drug Targets,9(1),(2009),15-22]Teruya Kenta, Kawagoe Keiichi, Kimura Tomohiro, Chen Chun-jen, Sakasegawa Yuji, Doh-ura Katsumi
44.[O] Imaging Prion Amyloid Plaques Using [11C]BF-227..[CYRIC Annual Report,(2009),146-149]Okamura N, Shiga Y, Furumoto S, Tashiro M, Tsuboi Y, Furukawa K, Yanai K, Iwata R, Arai H, Kudo Y, Itoyama Y, Doh-ura K
[2008]
45.[O] 硬膜移植後18年の経過を経て発症したDura-variant CJDの1例.[臨床神経学,48(10),(2008),763-]吉原章王 宇川義一 遠藤一博 本間真理 高橋幸利 堂浦克美 北本哲之
46.[R] 硬膜移植後18年の経過を経て発症したDura-variant CJDの1例.[臨床神経学,48(10), (2008), 763-]吉原章王 宇川義一 遠藤一博 本間真理 高橋幸利 堂浦克美 北本哲之
47.[O] 牛海綿状脳症罹患牛血清中に検出されたグリア線維性酸性蛋白質.[日本獣医学会学術集会講演要旨集,146回,(2008),275]野村幸子, 宮庄拓, 前田尚之, 堂浦克美, 横田博
48.[R] 牛海綿状脳症罹患牛血清中に検出されたグリア線維性酸性蛋白質.[日本獣医学会学術集会講演要旨集,146回, (2008), 275]野村幸子, 宮庄拓, 前田尚之, 堂浦克美, 横田博
49.[O] Antiprion activity of functionalized 9-aminoacridines related to quinacrine..[Bioorg Med Chem,16(14),(2008),6737-6746]Nguyen Thi Hanh Thuy, Lee Chong-Yew, Teruya Kenta, Ong Wei-Yi, Doh-ura Katsumi, Go Mei-Lin
50.[R] プリオン病 診断・治療研究の最近の進歩と課題 (SRL感染症フォーラム講演集).[SRL感染症フォーラム講演集,12回, (2008), 6-11]堂浦克美, 堤裕幸
51.[R] New series of antiprion compounds: Pyrazolone derivatives have the potent activity of inhibiting protease-resistant prion protein accumulation (2007) 50, (5053-5056)).[Journal of Medicinal Chemistry,51, (2008), 1503-]Ayako Kimata, Hidehiko Nakagawa, Ryo Ohyama, Tomoko Fukuuchi, Shigeru Ohta, Katsumi Doh-ura, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata
10.1021/jm8000532
http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=41649102011&partnerID=40
52.[R] プリオン病に対する診断・治療技術開発に関する研究 末梢投与可能な次世代型治療予防薬開発に関する研究.[プリオン病に対する診断・治療技術開発に関する研究 平成19年度 総括研究報告書, (2008), 11-15]堂浦克美, 小熊歩, 西澤桂子, 赤間寛人, 川崎ゆり, 鈴木美砂子, 木村朋寛, 照屋健太, 逆瀬川裕二
53.[R] プリオン病に対する診断・治療技術開発に関する研究 末梢投与型プリオン病治療予防薬の開発に関する研究.[プリオン病に対する診断・治療技術開発に関する研究 平成19年度 総括研究報告書, (2008), 16-17]堂浦克美, 川崎ゆり, 川越敬一, 陳忠正
54.[R] プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 末梢投与型プリオン病治療予防薬の開発に関する研究.[プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書, (2008), 139-143]堂浦克美, 川崎ゆり, 照屋健太, 逆瀬川裕二, 川越敬一, 陳忠正
[2007]
55.[O] Orally administered amyloidophilic compound is effective in prolonging the incubation periods of animals cerebrally infected with prion diseases in a prion strain-dependent manner..[J Virol,81(23),(2007),12889-12898]Kawasaki Yuri, Kawagoe Keiichi, Chen Chun-jen, Teruya Kenta, Sakasegawa Yuji, Doh-ura Katsumi
56.[O] プリオン病に対するペントサンポリサルフェート脳室内持続投与療法の副作用.[臨床神経学,47(12),(2007),1167]坪井義夫, 堂浦克美, 山田達夫
57.[O] 前頭側頭型痴呆における遺伝子解析.[老年期痴呆研究会誌,14,(2007),190-195]尾篭晃司, 前田直子, 中川康司, 一宮厚, 小林祐樹, 光安博志, 川嵜弘昭, 田北昌史, 堂浦克美
58.[R] プリオン病に対するペントサンポリサルフェート脳室内持続投与療法の副作用.[臨床神経学,47(12), (2007), 1167]坪井義夫, 堂浦克美, 山田達夫
59.[R] 前頭側頭型痴呆における遺伝子解析.[老年期痴呆研究会誌,14, (2007), 190-195]尾篭晃司, 前田直子, 中川康司, 一宮厚, 小林祐樹, 光安博志, 川嵜弘昭, 田北昌史, 堂浦克美
60.[O] Two different clinical phenotypes of Creutzfeldt-Jakob disease with a M232R substitution..[J Neurol,254(11),(2007),1509-1517]Shiga Yusei, Satoh Katsuya, Kitamoto Tetsuyuki, Kanno Sigenori, Nakashima Ichiro, Sato Shigeru, Fujihara Kazuo, Takata Hiroshi, Nobukuni Keigo, Kuroda Shigetoshi, Takano Hiroki, Umeda Yoshitaka, Konno Hidehiko, Nagasato Kunihiko, Satoh Akira, Matsuda Yoshito, Hidaka Mitsuru, Takahashi Hirokatsu, Sano Yasuteru, Kim Kang, Konishi Takashi, Doh-ura Katsumi, Sato Takeshi, Sasaki Kensuke, Nakamura Yoshikazu, Yamada Masahito, Mizusawa Hidehiro, Itoyama Yasuo
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University