Books, Original Papers & Review Papers- ABE Michiaki -
number of results to view: what to display: sort:
[B]:Books [O]:Original Papers [R]:Review Papers
total:355
[2015]
101.[R] Pro⇄Pro内科:腎臓 腎交感神経除神経術の課題と将来性.[日本医事新報,4758, (2015), 62-]阿部 倫明
102.[R] Pro⇄Pro内科:腎臓 片側腎動脈狭窄症患者におけるPTRAと薬物療法の選択.[日本医事新報,4752, (2015), 53-55]阿部 倫明
[2014]
103.[R] 【高血圧をめぐる最新の話題】基礎 血圧調節機序(圧-利尿曲線を含む).[最新医学,69(11月増刊), (2014), 2230-2239]阿部 倫明
104.[O] Conformational Change in Transfer RNA Is an Early Indicator of Acute Cellular Damage.[JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY,25(10),(2014),2316-2326]Eikan Mishima, Chisako Inoue, Daisuke Saigusa, Ryusuke Inoue, Koki Ito, Yusuke Suzuki, Daisuke Jinno, Yuri Tsukui, Yosuke Akamatsu, Masatake Araki, Kimi Araki, Ritsuko Shimizu, Haruka Shinke, Takehiro Suzuki, Yoichi Takeuchi, Hisato Shima, Yasutoshi Akiyama, Takafumi Toyohara, Chitose Suzuki, Yoshikatu Saiki, Teiji Tominaga, Shigehito Miyagi, Naoki Kawagisihi, Tomoyoshi Soga, Takayoshi Ohkubo, Kenichi Yamamura, Yutaka Imai, Satohiro Masuda, Venkata Sabbisetti, Takaharu Ichimura, David B. Mount, Joseph V. Bonventre, Sadayoshi Ito, Yoshihisa Tomioka, Kunihiko Itoh, Takaaki Abe
10.1681/ASN.2013091001
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24833129 http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000342403800020&DestApp=WOS
105.[R] 高血圧の成因としての重要性は?腎vsSNS 腎の立場から 腎臓に特異的な生理学的血圧調節機構について.[日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,37回, (2014), 302]阿部 倫明
106.[R] 被災地健康調査における家庭血圧計診断に基づく高血圧症の実態.[日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,37回, (2014), 442]清元 秀泰, 寳澤 篤, 田中 由香利, 奥田 拓史, 菅原 準一, 坪井 明人, 布施 昇男, 栗山 進一, 瀧 靖之, 辻 一郎, 阿部 倫明, 高井 貴子, 八重樫 伸生, 山本 雅之, 伊藤 貞嘉
107.[R] 医学科1年次を対象にした被災地体験実習の試み.[医学教育,45(Suppl.), (2014), 111]田中 淳一, 金村 政輝, 高山 真, 阿部 倫明, 奈良 正之, 石井 正
108.[O] 超音波による腎動脈病変の標準的評価法(案).[超音波医学,41(3),(2014),389-404]廣岡 芳樹, 松尾 汎, 阿部 倫明, 岩嶋 義雄, 小田代 敬太, 佐藤 洋, 高瀬 圭, 平井 都始子, 松村 誠, 三木 俊, 日本超音波医学会用語・診断基準委員会,腎動脈超音波診断ガイドライン小委員会
109.[R] 脳幹部外科的血管除圧により降圧良好となった若年性難治性高血圧症の一例.[日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集,3回, (2014), 130]奥田 拓史, 阿部 倫明, 伊藤 大亮, 小林 暢子, 遠藤 俊毅, 萩田 庄吾, 伊藤 貞嘉, 清元 秀泰
110.[R] 血管エコーガイドラインを検証する 腎動脈エコーの意義と重要性について.[超音波医学,41(Suppl.), (2014), S397]阿部 倫明
111.[R] 在宅医療・遠隔医療の未来 東日本大震災被災地における地域医療支援の現況と今後の遠隔医療の重要性.[医工学治療,26(Suppl.), (2014), 76]清元 秀泰, 奥田 拓史, 伊藤 大亮, 阿部 倫明, 石井 正, 鈴木 洋一, 川目 裕, 菅原 準一, 瀧 靖之, 中谷 純, 井戸端 永遠, 八重樫 伸生, 山本 雅之
112.[R] 【根拠からスッキリ!利尿薬の選び方・使い方】(第1章)利尿薬の使い方で困るこんな場面 救急・ICUでの利尿薬の使い方 こんなときどうする?.[レジデントノート,15(16), (2014), 2932-2939]奥田 拓史, 阿部 倫明, 清元 秀泰
113.[B] 専門医のための循環器病学 [監修; 小川聡,井上博,筒井裕].[医学書院,(2014)]阿部倫明,伊藤貞嘉
114.[R] 血圧調節機序(圧-利尿曲線を含む),特集:高血圧をめぐる最新の話題.[最新医学,69, (2014), 2230-2239]阿部 倫明
115.[R] 超音波による腎動脈病変の標準的評価法[日本超音波医学会編].[超音波医学,41, (2014), 389-404]松尾 汎, 阿部 倫明, 岩嶋 義雄, 小田代敬太, 佐藤 洋, 高瀬 圭, 平井都始子, 松村 誠, 三木 俊
[2013]
116.[O] A Decline in Glomerular Filtration Rate Rather than Renal Arterial Stenotic Lesions, per se, Predicts Cardiovascular-Renal Events in Type 2 Diabetic Patients.[CIRCULATION JOURNAL,77(11),(2013),2816-2822]Susumu Ogawa, Kazuhiro Nako, Masashi Okamura, Miho Senda, Takuya Sakamoto, Takaaki Abe, Sadayoshi Ito
10.1253/circj.CJ-13-0269
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000326317600028&DestApp=WOS
117.[O] Plasticity of Renal Erythropoietin-Producing Cells Governs Fibrosis.[JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY,24(10),(2013),1599-1616]Tomokazu Souma, Shun Yamazaki, Takashi Moriguchi, Norio Suzuki, Ikuo Hirano, Xiaoqing Pan, Naoko Minegishi, Michiaki Abe, Hideyasu Kiyomoto, Sadayoshi Ito, Masayuki Yamamoto
10.1681/ASN.2013010030
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23833259 http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000328815000013&DestApp=WOS
118.[R] 【ネフローゼ症候群 診療の新たな潮流】ネフローゼ症候群の治療 腎保護作用の観点からみた薬物療法 レニン-アンジオテンシン系阻害薬,スタチン,抗血小板療法の位置付け.[内科,112(4), (2013), 751-754]奥田 拓史, 阿部 倫明, 清元 秀泰
119.[R] 心血管と腎の超音波診断 腎動脈エコー検査の標準化にむけて.[日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,36回, (2013), 232]阿部 倫明
120.[R] 【解剖がわかれば走査がわかる 決定版 超音波検査テクニックマスター 腹部・下肢編】(第3章)症例編 線維筋性異形成による腎血管性高血圧症.[Vascular Lab,10(増刊), (2013), 180-185]阿部 倫明, 清元 秀泰
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University