Books, Original Papers & Review Papers- ABE Michiaki -
number of results to view: what to display: sort:
[B]:Books [O]:Original Papers [R]:Review Papers
total:355
[2006]
261.[R] 甲状腺ホルモントランスポーター遺伝子群の単離と機能解析.[日本内分泌学会雑誌,82(1), (2006), 96]鈴木 健弘, 三日市 剛, 茶木 辰治, 森本 玲, 豊原 敬文, 阿部 倫明, 佐藤 文俊, 種本 雅之, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
262.[R] アルドステロンと生活習慣病における臓器障害 原発性アルドステロン症からみたアルドステロンの臓器障害作用.[日本内分泌学会雑誌,82(1), (2006), 36]佐藤 文俊, 中村 匡宏, 森本 玲, 種本 雅之, 阿部 倫明, 宇留野 晃, 荒井 陽一, 笹野 公伸, 石橋 忠司, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
263.[R] メサンジウム細胞におけるアンジオテンシンIIとグルコースの共依存的活性酸素合成について.[日本腎臓学会誌,48(3), (2006), 274]宮沢 紀子, 阿部 倫明, 中山 謙二, 豊原 敬文, 鈴木 健弘, 種本 雅之, 佐藤 文俊, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
264.[R] 塩酸サルポグレラートの代謝機能における作用の検討.[糖尿病,49(Suppl.1), (2006), S247]阿部 倫明, 石井 晶子, 鈴木 健弘, 豊原 敬文, 塩飽 浩美, 森本 玲, 茶木 辰治, 種本 雅之, 阿部 俊明, 伊藤 貞嘉, 阿部 高明
265.[R] 【糖尿病腎症 進展阻止・寛解と発症予防を目指して】 成因 腎血行動態 (最新医学).[最新医学,61(1), (2006), 31-37]阿部倫明, 伊藤貞嘉
266.[R] 【糖尿病腎症 進展阻止・寛解と発症予防を目指して】成因 腎血行動態.[最新医学,61(1), (2006), 31-37]阿部 倫明, 伊藤 貞嘉
267.[R] 海外通信:ウィスコンシン医科大学での留学を終えて.[CARDIAC PRACTICE,17(1), (2006), 95-97]阿部 倫明
268.[R] 腎動脈エコー:病変を読む.[Vascular Lab,3, (2006), 78-84]阿部倫明,大平未佳,伊藤貞嘉
[2005]
269.[R] 【マクラデンサの不思議】 TGFと高血圧 (腎と透析).[腎と透析,59(5), (2005), 793-797]阿部倫明
270.[R] 【マクラデンサの不思議】TGFと高血圧.[腎と透析,59(5), (2005), 793-797]阿部 倫明
271.[O] Renal artery dissection after angiographic evaluation of lower extremities..[Hypertens Res,28(10),(2005),853-855]Tanemoto Masayuki, Abe Michiaki, Satoh Fumitoshi, Abe Takaaki, Ito Sadayoshi
272.[R] 多発微小腺腫による原発性アルドステロン症の一例 治療決定のための選択的副腎静脈サンプリングと病理診断における3βHSD染色の意義.[日本内分泌学会雑誌,81(2), (2005), 457]佐藤 文俊, 森本 玲, 杉浦 章, 宇留野 晃, 阿部 倫明, 種本 雅之, 阿部 高明, 佐藤 明弘, 石橋 忠司, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 伊藤 貞嘉
273.[R] 腎動脈狭窄症における血管内超音波エコーによる診断および治療法の検討.[日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,28回, (2005), 149]宇留野 晃, 阿部 倫明, 種本 雅之, 佐藤 文俊, 竹内 和久, 伊藤 貞嘉
274.[R] 腎髄質のCOX-2は,Dahl食塩感受性ラットの食塩誘発高血圧を軽減する.[日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,28回, (2005), 128]阿部 倫明, 伊藤 貞嘉, アラン・カウリー
275.[R] 原発性アルドステロン症の局在診断における副腎静脈サンプリングと最新型16列MDCTの有用性.[日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,28回, (2005), 59]佐藤 文俊, 種本 雅之, 中村 匡宏, 阿部 倫明, 宇留野 晃, 森本 玲, 佐藤 明弘, 高瀬 圭, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一, 鈴木 貴, 笹野 公伸, 石橋 忠司, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
276.[R] アンジオテンシン受容体拮抗薬テルミサルタンとオルメサルタンは脂肪細胞で異なる機序により分化を誘導する.[日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,28回, (2005), 53]鈴木 健弘, 茶木 辰治, Guodong Zheng, 森本 玲, 石井 晶子, 阿部 倫明, 佐藤 文俊, 種本 雅之, 伊藤 貞嘉, 阿部 高明
277.[R] Pitavastatinによる血清脂質改善・抗動脈硬化作用の臨床的検討.[日本内分泌学会雑誌,81(2), (2005), 563]森本 玲, 佐藤 文俊, 宇留野 晃, 阿部 倫明, 種本 雅之, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
278.[R] 早朝高血圧に対する新規ARBオルメサルタンによる介入 尿中アルブミン減少効果について.[日本内分泌学会雑誌,81(2), (2005), 558]佐藤 文俊, 森本 玲, 宇留野 晃, 阿部 倫明, 種本 雅之, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
279.[O] Characterization of the organic cation transporter SLC22A16: A doxorubicin importer.[BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,333(3),(2005),754-762]M Okabe, M Unno, H Harigae, M Kaku, Y Okitsu, T Sasaki, T Mizoi, K Shiiba, H Takanaga, T Terasaki, S Matsuno, Sasaki, I, S Ito, T Abe
10.1016/j.bbrc.2005.05.174
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000230418800014&DestApp=WOS http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=20744450287&partnerID=40
280.[R] 腎動脈狭窄の原因診断と治療法の選択における血管内超音波検査(IVUS)の有効性.[日本腎臓学会誌,47(6), (2005), 712]宇留野 晃, 種本 雅之, 阿部 倫明, 佐藤 文俊, 阿部 高明, 竹内 和久, 伊藤 貞嘉
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University