Books, Original Papers & Review Papers- ABE Michiaki -
number of results to view: what to display: sort:
[B]:Books [O]:Original Papers [R]:Review Papers
total:355
[2008]
201.[R] プラバスタチンは有機アニオントランスポーターを介して膵β細胞からのインスリン分泌を刺激する.[日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,31回, (2008), 190]鈴木 健弘, 阿部 倫明, 豊原 敬文, 石井 晶子, 野口 直哉, 秋山 泰利, 相馬 友和, 塩飽 浩美, 種本 雅之, 伊藤 貞嘉, 阿部 高明
202.[R] メサンギウム細胞における高グルコース曝露がアンジオテンシンII刺激による酸化ストレス産生を増強させる機序について.[日本内分泌学会雑誌,84(2), (2008), 693]阿部 倫明, 宮澤 紀子, 豊原 敬文, 相馬 友和, 鈴木 健弘, 秋山 泰利, 塩飽 浩美, 種本 雅之, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
203.[R] 腎動脈起始部の腫瘤性病変により腎血管性高血圧を呈したと考えられる一例.[日本心臓病学会誌,2(Suppl.I), (2008), 194]大平 未佳, 秋山 泰利, 阿部 倫明, 阿部 高明
204.[B] 薬局 病気と薬パーフェクトブック(増刊号).[南山堂,(2008)]池田宇一 大越教夫 横田千津子 ed. 阿部倫明
205.[R] 重症心不全を合併した褐色細胞腫の一例.[日本内分泌外科学会総会プログラム・抄録集,20回, (2008), 74]岩根 尊, 関口 悟, 川岸 直樹, 赤松 順寛, 渡辺 道雄, 中島 範昭, 佐藤 和重, 宮城 重人, 武田 郁央, 中村 篤司, 福本 義弘, 縄田 淳, 杉村 宏一郎, 福井 重文, 阿部 高明, 阿部 倫明, 藤盛 啓成, 大内 憲明, 里見 進
206.[O] Angiographic index for angioplasty-treatable atheromatous renal artery stenosis..[Hypertens Res,31(5),(2008),881-885]Tanemoto Masayuki, Abe Michiaki, Uruno Akira, Abe Takaaki, Ito Sadayoshi
207.[O] [Case of rhabdomyolysis induced by the approved daily dose of a traditional Chinese medicine].[Nippon Jinzo Gakkai Shi,50(2),(2008),135-139]Toyohara Takafumi, Tanemoto Masayuki, Uruno Akira, Abe Michiaki, Abe Takaaki, Ito Sadayoshi
208.[R] 『腎梗塞』 (血栓と循環).[血栓と循環,16, (2008), 32-38]阿部倫明,伊藤貞嘉
209.[R] 副腎静脈サンプリングにおける極低量ACTH刺激の有用性.[日本内分泌学会雑誌,84(1), (2008), 214]種本 雅之, 相馬 友和, 阿部 倫明, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
210.[R] トランスポーター研究の新展開 医療現場におけるトランスポーター研究の応用.[薬剤学: 生命とくすり,68(Suppl.), (2008), 24]阿部 高明, 豊原 敬文, 秋山 泰利, 阿部 倫明, 鈴木 健弘, 種本 雅之, 野口 直哉, 高沢 伸
211.[R] 腎動脈狭窄症の狭窄部圧格差と血行再建術の治療効果の関連.[日本腎臓学会誌,50(3), (2008), 284]種本 雅之, 秋山 泰利, 相馬 友和, 阿部 倫明, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
212.[R] 健常者の腎動脈血流とアンジオテンシン受容体拮抗薬の影響.[超音波検査技術,33(2), (2008), 187]大平 未佳, 阿部 倫明, 渡辺 さち子, 石塚 静江, 藤原 淳子, 小林 智恵, 阿部 高明
213.[R] 褐色細胞腫および傍神経節腫への非イオン性ヨード造影剤使用に伴う合併症の検討.[日本内分泌学会雑誌,84(1), (2008), 252]相馬 友和, 秋山 泰利, 豊原 敬文, 鈴木 健弘, 阿部 倫明, 種本 雅之, 阿部 高明, 伊藤 貞嘉
214.[O] Immunohistochemistry of a proliferation marker Ki67/MIB1 in adrenocortical carcinomas: Ki67/MIB1 labeling index is a predictor for recurrence of adrenocortical carcinomas..[Endocr J,55(1),(2008),49-55]Morimoto Ryo, Satoh Fumitoshi, Murakami Osamu, Suzuki Takashi, Abe Takaaki, Tanemoto Masayuki, Abe Michiaki, Uruno Akira, Ishidoya Shigeto, Arai Yoichi, Takahashi Kazuhiro, Sasano Hironobu, Ito Sadayoshi
215.[O] Immunohistochemistry of a proliferation marker Ki67/MIB1 in adrenocortical carcinomas: Ki67/MIB1 labeling index is a predictor for recurrence of adrenocortical carcinomas..[Endocrine journal,55(1),(2008),49-55]Morimoto R, Satoh F, Murakami O, Suzuki T, Abe T, Tanemoto M, Abe M, Uruno A, Ishidoya S, Arai Y, Takahashi K, Sasano H, Ito S
10.1507/endocrj.k07-079
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18187873
216.[R] けんさ質問箱 超音波検査での腎動脈狭窄の計測ポイント.[検査と技術,36(3), (2008), 283-285]大平 未佳, 阿部 倫明
217.[R] 常用量の漢方薬内服中に横紋筋融解症を呈した1例.[日本腎臓学会誌,50(2), (2008), 135-139]豊原 敬文, 種本 雅之, 宇留野 晃, 阿部 倫明, 阿部 高明, 伊藤 貞哉
218.[O] Diagnosis of aldosterone producing adenomas..[Kidney Int,73(3),(2008),362-363]Tanemoto M, Abe T, Ito S
10.1038/sj.ki.5002678
219.[O] Rapid screening of antineoplastic candidates for the human organic anion transporter OATP1B3 substrates using fluorescent probes..[Cancer Lett,260(1-2),(2008),163-169]Yamaguchi, Hiroaki Kobayashi, Minako Okada, Masahiro Takeuchi, Toshiko Unno, Michiaki Abe, Takaaki Goto, Junichi Hishinuma, Takanori Mano, Nariyasu
10.1016/j.canlet.2007.10.040
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18082941
220.[R] 常用量の漢方薬内服中に横紋筋融解症を呈した1症例..[日本腎臓学会誌,50, (2008), 135-139]豊原敬文,種本雅之,宇留野晃,阿部倫明,阿部高明,伊藤貞嘉
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University