Review Papers- MURAO Osamu -
number of results to view: what to display: sort:
total:10
[2015]
1.2004年インド洋津波被災地の現在 −スリランカ・タイ・インドネシア−.[日本地震工学会,(26), (2015), 25-28]村尾 修
2.1999年台湾集集地震からの復興 −集集2015 夏−.[日本地震工学会,(26), (2015), 21-24]村尾 修
3.防災まちづくりに関する東日本大震災後の法改正の動き.[日本地震工学ニューズレター『特集 東日本大震災後の法・制度改正の動き』,(11), (2015), 1-2]村尾 修
[2014]
4.災害対応を考慮した都市・建築空間に関する一連の研究.[日本建築学会 建築雑誌,129(1661), (2014), 47]村尾 修
5.名取市閖上地区の復興の現在, シリーズ:TOHOKU ナウ 復興に向けて(4).[日本地震工学会 日本地震工学会会誌,(22), (2014), 37-38]村尾 修
6.藤沢市片瀬地区における津波避難計画の提案.[民間都市開発推進機構 都市研究センター アーバンスタディ,58, (2014), 59-78]村尾修,杉安和也
7.日本建築学会賞を受賞.[東北大学新聞, (2014)]村尾 修
8.HFA Priority for Action 4: 潜在的なリスク要素を軽減する.[兵庫行動枠組 2005-2015 ー災害に強い国・地域の構築ー, (2014), 39-49]村尾 修, 小野田泰明, 平野勝也, 姥浦道生, 小林徹平, 本江正茂, 丸谷浩明, 真野 明
9.HFA Priority for Action 4: Reduce the underlying risk factors.[Hyogo Framework for Action 2005-2015: Building the Resilience of Nations and Communities to Disasters, HFA IRIDeS Review Report Focusing on 2011 Great East Japan Earthquake, (2014), 39-49]Osamu Murao, Yasuaki Onoda, Katsuya Hirano, Michio Ubaura, Teppei Kobayashi, Masashige Motoe, Hiroaki Maruya, Akira Mano
[2013]
10.HFA Priority for Action 4: Reduce the underlying risk factors.[Hyogo Framework for Action 2005-2015: Building the Resilience of Nations and Communities to Disasters, HFA IRIDeS Review Preliminary Report Focusing on 2011 Great East Japan Earthquake, (2013), 20-25]Osamu Murao
Page: [1]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University