Review Papers- TAKAHASHI Hideki -
number of results to view: what to display: sort:
total:67
[2019]
1.Virus latency and the impact on plants.[Fronters in Microbiology,10, (2019), 2764-]Takahashi, H., Fukuhara, T., Kitazawa, H. and Kormelink, R.
10.3389/fmicb.2019.02764
2.Plant defense systems against cucumber mosaic virus: lessons learned from CMV-Arabidopsis interactions.[Journal of General Plant pathology,85, (2019), 174-181]Ando, S., Miyashita, S. and Takahashi, H.
10.1007/s10327-019-00845-x
3.水稲の有機栽培育苗土の微生物多様性と病害抑制効果.[日本土壌協会 土づくりとエコ農業,51(552), (2019), 38-42]安藤杉尋・佐々木稜太・高橋英樹
[2018]
4.大気圧プラズマ処理によるイネの病害防除.[バイオサイエンスとインダストリー,76(3), (2018), 236-238]高橋英樹, 安藤杉尋, 高島圭介, 金子俊朗
5.病菌に強い有機栽培育苗土の生物的特性について.[有機農業者研究会議2018資料集, (2018), 71-76]安藤杉尋・高橋英樹
6.有機栽培培土の微生物コミュニティを利用したイネもみ枯細菌病の生物的防除,微生物農薬開発戦略のイノベーションと微生物群衆構造に着眼した生物的防除研究の動向.[バイオコントロール研究会レポート,15, (2018), 41-47]安藤杉尋・高橋英樹
7.病気に強い有機栽培育苗土とは―有機農業では、なぜ農薬を使わずに農作物を栽培できるのか?.[有機農業の栽培マニュアル 実践現場における事例と研究成果, (2018), 22-23]安藤杉尋・高橋英樹
8.有機農業を特徴づける客観的指標の開発と安定生産技術の開発.[有機農業資料集, (2018), 4-1-4-10]安藤杉尋・高橋英樹
[2016]
9.昆虫病原菌を利用した生物防除における抵抗性誘導.[JATAFFジャーナル,4(9), (2016), 21-23]高橋英樹
10.イネ有機育苗培土における微生物相のロバストネスと苗病害抑制現象.[Soil Microorganisms,70(3), (2016)]高橋英樹・松下裕子・伊藤豊彰・小林 隆・橋本知義・宮下脩平・守川俊幸・吉田重信・對馬誠也・安藤杉尋
[2014]
11.植物免疫におけるプライミングとクロマチン修飾機構の解析.[日本植物病理学会植物感染生理談話会 植物感染生理談話会論文集「新視点から見渡す病原体感染戦略と植物免疫ネットワーク」,49, (2014)]安藤杉尋・Michal Jaskiewicz・高橋英樹・Uwe Conrath
12.Recent study on biological control of plant diseases in Japan..[Journal of General Plant Pathology,79, (2014)]Hyakumachi, M., Takahashi, H., Matsubara, Y., Someya, N., Shimizu, M., Kobayashi, K. and Nishiguchi, M.
[2012]
13.日本発の抵抗性誘導微生物Pythium oligandrum研究の現状.[日本植物防疫協会 植物防疫,66(6), (2012), 36-40]竹中重仁•高橋英樹
14.キュウリモザイクウイルス防御応答におけるNB-LRRタンパク質の機能解析.[日本植物病理学会植物感染生理談話会 植物感染生理談話会論文集「植物−病原微生物の相互作用研究の新展開」,47, (2012), 135-144]高橋英樹・安藤杉尋
15.有機栽培イネ細胞間隙に由来する微生物の解析と病害防除.[有機農業研究者会議2012資料集, (2012), 51-55]高橋英樹・安藤杉尋
[2011]
16.Analysis of endophytes from intercellular fluid of organically-grown rice plants and its effect on disease toleranc.[Soil Microorganisms,65(2), (2011), 100-103]安藤杉尋・高橋英樹
[2010]
17.モデル植物トマト:マイクロトムを用いた病害研究の現状と今後の展望.[63, (2010), 605-607]高橋英樹・長谷 修・竹中重仁
18.非病原菌Pythium oligandrumを利用した広スペクトル微生物農薬の開発.[バイオインダストリー,27, (2010), 39-46]竹中重仁•出崎里永子•高橋英樹
[2009]
19.土壌生息菌Pythium oligandrumが生産するエリシチン様タンパク質により誘導される感染防御システムの分子機構.[34, (2009), 339-341]高橋英樹・竹中重仁
20.Spermine signaling in defense reaction against avirulent viral pathogen in Arabidopsis thaliana.[Plant Signaling & Behavior,4(4), (2009)]G.H.M. Sagor, Run-Zi Cong, Thomas Berberich, Hideki Takahashi, YoshihiroTakahashi and Tomonobu Kusano
Page: [1] [2] [3] [4] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University