Review Papers- HAYASHI Hiroki -
number of results to view: what to display: sort:
total:156
[2005]
141.【再手術 予防・適応・手術手技】 術後胆管狭窄.[手術,59(10), (2005), 1507-1511]山本 久仁治 片寄 友 力山 敏樹 及川 昌也 林 洋毅 海野 倫明
142.【再手術 予防・適応・手術手技】 術後胆管狭窄.[手術,59巻(10号), (2005), 1507-1511]山本 久仁治, 片寄 友, 力山 敏樹, 及川 昌也, 林 洋毅, 海野 倫明
143.食道・胃静脈瘤に対する手術例の検討 手術症例の推移とHassab手術の適応について.[日本門脈圧亢進症学会雑誌,11巻(2号), (2005), 160-165]大塩 博, 片寄 友, 力山 敏樹, 及川 昌也, 林 洋毅, 小野川 徹, 海野 倫明
144.胆道ステント療法の意義 進行上部・肝門部胆管癌に対する集学的治療.[癌と化学療法,32巻(11号), (2005), 1615-1617]小田 聡, 片寄 友, 力山 敏樹, 及川 昌也, 山本 久仁治, 林 洋毅, 海野 倫明
145.胆嚢原発腺内分泌細胞癌の1例.[診断病理,22巻(4号), (2005), 261-263]柳川 直樹, 笹生 俊一, 池田 栄一, 林 洋毅, 緒形 真也
146.【癌治療のプロトコール2005-2006】 胆管癌治療のプロトコール.[臨床外科,60巻(11号), (2005), 167-172]及川 昌也, 片寄 友, 力山 敏樹, 山本 久仁治, 林 洋毅, 海野 倫明
[2004]
147.【肝疾患における免疫療法】 上皮増殖因子受容体シグナルの抑制効果をもつ新規二重特異性抗体を用いた養子免疫療法.[消化器科,39(5), (2004), 522-530]林 洋毅 浅野 竜太郎 海野 倫明
148.【肝疾患における免疫療法】 上皮増殖因子受容体シグナルの抑制効果をもつ新規二重特異性抗体を用いた養子免疫療法.[消化器科,39巻(5号), (2004), 522-530]林 洋毅, 浅野 竜太郎, 海野 倫明
[2003]
149.二重特異的抗体を用いた胆管癌養子免疫療法.[医学のあゆみ,207(4), (2003), 270-272]林 洋毅
150.二重特異的抗体を用いた胆管癌養子免疫療法.[医学のあゆみ,207巻(4号), (2003), 270-272]林 洋毅
[2002]
151.肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波熱焼灼療法(PRFA)の治療効果の検討.[癌の臨床,48巻(4号), (2002), 223-228]林 洋毅, 鈴木 正徳, 海野 倫明, 遠藤 公人, 片寄 友, 竹内 丙午, 松野 正紀
[2001]
152.【胆道メタリックステンティングの問題点と対策】 放射線化学療法併用と胆道ステンティング.[胆と膵,22(3), (2001), 255-259]鈴木 正徳 海野 倫明 片寄 友 竹内 丙午 及川 昌也 小野川 徹 林 洋毅 佐藤 武揚 松野 正紀
153.【胆道メタリックステンティングの問題点と対策】 放射線化学療法併用と胆道ステンティング.[胆と膵,22巻(3号), (2001), 255-259]鈴木 正徳, 海野 倫明, 片寄 友, 竹内 丙午, 及川 昌也, 小野川 徹, 林 洋毅, 佐藤 武揚, 松野 正紀
154.高線量率192Ir線源専用新規アプリケーターを用いた切除不能肝外胆管癌に対する低侵襲性chemoradiation併用胆道stenting.[胆と膵,22巻(8号), (2001), 683-689]鈴木 正徳, 佐藤 武揚, 海野 倫明, 片寄 友, 竹内 丙午, 及川 昌也, 小野川 徹, 林 洋毅, 松野 正紀, 松下 晴雄
[2000]
155.【肝門部胆管癌の進展度診断と治療】 切除不能例の治療 外科的立場からみた切除不能肝管・上中部胆管癌に対する集学的治療.[消化器外科,23(9), (2000), 1447-1454]鈴木 正徳 海野 倫明 遠藤 公人 片寄 友 及川 昌也 林 洋毅 柿田 徹也 松野 正紀
156.【肝門部胆管癌の進展度診断と治療】 切除不能例の治療 外科的立場からみた切除不能肝管・上中部胆管癌に対する集学的治療.[消化器外科,23巻(9号), (2000), 1447-1454]鈴木 正徳, 海野 倫明, 遠藤 公人, 片寄 友, 及川 昌也, 林 洋毅, 柿田 徹也, 松野 正紀
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University