Review Papers- AOKI Masashi -
number of results to view: what to display: sort:
total:107
[2018]
1.ミオパチー―最近の話題―GNEミオパチーに対するシアル酸療法.[月刊神経内科,89(5), (2018), 481‐488-]井泉瑠美子, 鈴木直輝, 青木正志
2.【神経難病と創薬】 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の創薬の展望.[医薬ジャーナル,54(7), (2018), 1631-1639]青木 正志
3.神経疾患の再生医療 iPS細胞による再生医療研究 ALS(筋萎縮性側索硬化症).[Clinical Neuroscience,36(3), (2018), 320‐324-]割田仁, 青木正志
[2017]
4.【難病研究up-to-date 臨床病態解析と新たな診断・治療法開発をめざして】 (第4章)難病の治療法 タンパク質・酵素補充療法 筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対するHGF.[遺伝子医学MOOK,(32), (2017), 161-167]青木 正志
5.神経内科専門医育成の現状についてのアンケートの解析結果.[臨床神経学,57(7), (2017), 402-410]園生 雅弘, 西山 和利, 安藤 哲朗, 進藤 克郎, 神田 隆, 青木 正志, 亀井 聡, 菊地 誠志, 楠 進, 鈴木 則宏, 祖父江 元, 中島 健二, 原 英夫, 平田 幸一, 水澤 英洋, 村井 弘之, 村田 美穂, 望月 秀樹, 高橋 良輔, 吉良 潤一
6.筋肉研究の最前線 縁取り空胞を伴う遠位型(GNE)ミオパチーの治療開発.[Clinical Calcium,27(3), (2017), 429‐434-]鈴木直輝, 井泉瑠美子, 加藤昌昭, 割田仁, 青木正志
[2016]
7.医学と医療の最前線 筋萎縮性側索硬化症の治療開発の現状.[日本内科学会雑誌,105(10), (2016), 2055-2062]青木 正志
8.【認知症・神経変性疾患の克服への挑戦】 新たな技術開発によるチャレンジ HGFによる筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する治療法の開発.[生体の科学,67(4), (2016), 344-348]青木 正志, 割田 仁, 鈴木 直輝, 加藤 昌昭
9.縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーにおけるN-アセチルノイラミン酸の補充療法.[臨床評価,43(2), (2016), 444-447]青木 正志
10.HGFを用いた筋萎縮性側索硬化症に対する治療法の開発.[臨床評価,43(2), (2016), 426-428]青木 正志
[2015]
11.遺伝性ニューロパチーの最近の進歩 家族性運動ニューロン病と遺伝性ニューロパチーの類似点・相違点.[末梢神経,26(2), (2015), 167-170]青木 正志
12.【アカデミア発の創薬・研究治療】 ALSに対するHGF療法.[神経内科,83(4), (2015), 277-282]青木 正志, 割田 仁, 鈴木 直輝
13.【免疫性神経疾患-病態解明と治療の最前線】 筋炎 封入体筋炎.[医学のあゆみ,255(5), (2015), 473-478]青木 正志, 鈴木 直輝
14.【ALSとパーキンソン病-最近の進歩-】 ALSに対するHGF治験.[BIO Clinica,30(8), (2015), 742-746]青木 正志
15.【再生医療-新たな医療を求めて-】 再生医療の臨床研究・治験 HGFタンパク質による筋萎縮性側索硬化症の治療.[日本臨床,73(増刊5 再生医療), (2015), 523-528]青木 正志
16.【骨格筋症候群(第2版)-その他の神経筋疾患を含めて-】[上] 炎症性筋疾患 非感染性筋炎 多発筋炎・皮膚筋炎・封入体筋炎 封入体筋炎.[日本臨床,別冊(骨格筋症候群(上)), (2015), 324-328]鈴木 直輝, 青木 正志
17.【骨格筋症候群(第2版)-その他の神経筋疾患を含めて-】[上] 筋ジストロフィーおよび膜イオンチャネル異常症 肢帯型筋ジストロフィー 常染色体劣性型LGMD LGMD2B(dysferlin欠損).[日本臨床,別冊(骨格筋症候群(上)), (2015), 111-114]高橋 俊明, 青木 正志
18.【臨床医学の展望-30領域のトピックス】 神経病学.[日本医事新報,(4740), (2015), 65-68]青木 正志
19.複数の発作周辺期精神症状を含む多彩な発作症状を呈した部分てんかんの1例.[BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩,67(1), (2015), 105-109]江面 道典, 柿坂 庸介, 神 一敬, 加藤 量広, 岩崎 真樹, 藤川 真由, 青木 正志, 中里 信和
[2014]
20.【神経変性疾患・神経免疫疾患-診断と治療の最前線-】 運動ニューロン病.[BIO Clinica,29(13), (2014), 1269-1273]青木 正志
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University