Review Papers- FUKUSHIMA Yo -
number of results to view: what to display: sort:
total:17
[2019]
1.南海トラフ地震臨時情報:起こる「かもしれない」巨大地震への対応.[なゐふる,119, (2019), 4-5]福島洋
[2018]
2.Spatial variation of creep rate of the Philippine fault on Leyte island and its relation with the 6 July 2017 earthquake (Mw6.5) revealed by SAR interferometry.[JpGU2018, (2018)]FUKUSHIMA Yo, HASHIMOTO Manabu
[2017]
3.Coseismic deformation of a Mw6.5 earthquake on Leyte island, the Philippines on July 6, 2017 and its tectonic implications.[128th Meeting of the Geodetic Society of Japan ABSTRACTS, (2017), 209-210]HASHIMOTO Manabu, FUKUSHIMA Yo
[2013]
4.より良い地震ハザード評価の作り方・伝え方.[地震学会秋季大会, (2013)]橋本学, 福島洋, 鷺谷威
[2012]
5.ALOS-2による日本列島地殻変動マッピング:意義とチャレンジ.[ALOS2/3ワークショップ, (2012)]橋本学, 福島洋, 高田陽一郎
6.我が国のSAR研究の将来展望.[日本測地学会第118回講演会, (2012)]橋本学, 古屋正人, 小澤拓, 福島洋
7.SARデータを用いた2010年メキシコ・バハカリフォルニア地震に伴う地殻変動解析.[地球惑星科学連合2012年大会, (2012)]岡本淳一, 橋本学, 福島洋
[2011]
8.ALOS/PALSARで見た東日本大震災.[自然災害学会, (2011)]橋本学, 福島洋, 高田陽一郎
9.InSARによる誘発された内陸地殻変動の検出.[地球惑星科学連合2011年大会, (2011)]高田陽一郎, 福島洋, 橋本学
10.ALOS/PALSARで捕らえた世界の大地震:2010年.[平成22年度京都大学防災研究所研究発表講演会, (2011)]橋本学, 福島洋, 高田陽一郎, 岡本淳一
[2010]
11.書評「Paul Segall著 Earthquake and Volcano Deformation(地震および火山による地殻変動)」.[Bulletin of Volcanological Society of Japan,55, (2010), 165]FUKUSHIMA Yo
[2009]
12.InSARデータに基づく中国四川省地震の断層傾斜角とすべり分布の同時推定.[日本測地学会第112回講演会, (2009)]榎本真梨, 橋本学, 深畑幸俊, 福島洋
13.ALOS/PALSARによるフィリピン海プレートの沈み込みに伴う地殻変動検出の試み.[日本地震学会2009年度秋季大会, (2009)]橋本学, 福島洋
14.ALOS/PALSARデータによるフィリピン海プレートの沈み込みに伴う変動の検出の試み.[地球惑星科学連合2009年大会, (2009)]橋本学, 福島洋, 有本美加
15.東南アジアにおけるスマトラ−アンダマン地震の3年半の余効変動.[地球惑星科学連合2009年大会, (2009)]橋本学, 福島洋, 片木武, 橋爪道郎, 里村幹夫, 伍培明, 大塚雄一, 石井守, 加藤照之
16.ALOS/PALSARによるプレート沈み込みに伴う変動検出に向けた試み.[ALOS-2 利用ワークショップ 1, (2009)]橋本学, 福島洋
[2008]
17.Multi sensors InSAR monitoring of volcanic activity: The February & April 2007 eruptions at Piton de la Fournaise, reunion Island, imaged with ENVISAT-ASAR and ALOS-PALSAR data.[European Space Agency, (Special Publication) ESA SP, (2008)]Jean Luc Froger, Yo Fukushima, Pierre Tinard, Valérie Cayol, Thierry Souriot, Oscar Mora, Thomas Staudacher, Philippe Durand, Bénédicte Fruneau, Nicolas Villeneuve
http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=47249103770&partnerID=40
Page: [1]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University