Review Papers- NAGAHAMA Hiroyuki -
number of results to view: what to display: sort:
total:6
[2013]
1.大気中ラドン濃度の変動について:地震先行現象を捕えることができるのか?.[放射線教育フォーラムニュースレター,55, (2013), 8-9]安岡由美・長濱裕幸
[2012]
2.ラドン濃度変動と地震-地震先行現象の痕跡を排気モニターに求めて-.[JST資料番号:L1678A ISSN:1349-6395 FB News,(428), (2012), 1-5]安岡由美、長濱裕幸、鈴木俊幸、本間 好
3.排気モニターによる広域大気中ラドン濃度測定の提案‐巨. 大地震前後の地殻変動解析に挑戦してみませんか.[(1月号、No.693), (2012), 17-19]安岡由美、長濱裕幸、鈴木俊幸、本間 好
[2010]
4.石英のすべり摩擦による放電発光と地震前兆電磁気現象について.[海洋出版 月刊地球,32, (2010), 484-490]武藤 潤、長濱裕幸、三浦崇、荒川一郎
[2008]
5.地震と大気中ラドン濃度濃度異常(I)−従来の観測例−.[Jpn. J. Health Phys.,43(2), (2008), 103-111]石川徹夫,安岡由美,長濱裕幸,川田祐介,大森康孝,床次眞司,志野木正樹
6.地震と大気中ラドン濃度の変化(II)−従来の観測例−.[保健物理,43(3), (2008), 253-267]石川徹夫, 安岡由美, 長濱裕幸, 川田祐介, 大森康孝, 床次眞司, 志野木正樹
Page: [1]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University