Researchers Information
Photo



Books, Original Papers & Review Papers
Name
ABE Hiroshi
Affiliation
Graduate School of Arts and Letters
Humane Studies
Western Culture
French Literature
Title
Professor
Date of Birth
1958.08
Academic Degree
Doctor(Information Sciences)
Master of Literature
Research Fields
  • Linguistics(Linguistics and Phonetics)
  • European language literature(French Linguistics and Literature)
  • History of thought(History of Philosophy)
display all
Academic Society Membership
  • 日本フランス語学会
  • Association francaise de linguistique cognitive
  • 日本フランス語フランス文学会
display all
Activity of Academic Society (Post)
  • 日本フランス語学会, 運営委員(2004-2006)
  • 日本フランス語フランス文学会, 編集委員(2009-2011)
  • 日本フランス語学会, 編集委員(1995-2007)
display all
Books

エミール・バンヴェニスト『言葉と主体 —一般言語学の諸問題—』.[岩波書店,(2013)](監訳)阿部宏,(共訳)前島和也,川島浩一郎


Reading Signs.[(2001)]タッド=ホールデン,阿部宏


研究成果報告書・フランス語空間表現の文法化研究.[(2004)]Hiroshi ABE


フランス語学研究35号.[(2001)]阿部宏


display all
Original Papers

フランス語のムードとモダリティ.[ひつじ意味論講座 モダリティI:理論と方法,3,(2014),225-247]阿部宏


A propos de l’hétérogénéité de la phrase contradictoire en français.[Actas del XXXVI Congreso Internacional de Lingüística y Filologiá Románica,5,(2013),323-329]Hiroshi ABE


Au moins,du moins,encore moins と主観性.[フランス語学研究(日本フランス語学会),(44),(2010),33-48]阿部宏


La tautologie et la notion subjective de « désirabilité ».[Current Issues in Unity and Diversity of Languages, Collection of the papers selected from the 18th International Congress of Linguists,(2009),3266-3278]Hiroshi ABE


比較文法を批判してソシュールが考えたこと.[月刊誌『思想』(岩波書店),(2007)]阿部宏


display all
Review Papers

シンポジウム報告・ことばに主体はどのようにあらわれるか -フランス語学と認知言語学-.[『フランス語学研究』(日本フランス語学会),(44), (2010), 101-105]平塚徹,武本政嗣,阿部宏,鍋島弘治朗


フランス語質問箱・繰り返し表現,il y a X et X,le X des Xs.[『フランス語学研究』(日本フランス語学会),(44), (2010), 127-130]阿部宏


フランス語時間1,maintenant.[白水社 ふらんす,(1997年12月), (1997), 22-23]阿部宏


フランス語の心の声I トートロジー.[白水社 月刊誌『ふらんす』, (2006), 18-19]阿部宏


ワークショップ報告・ダイクシス動詞「行く」と「来る」の日仏対照.[日本認知言語学会論文集,11, (2011), 600-603]阿部宏


display all
Honours, Awards and Prizes
  • 日本フランス語フランス文学会奨励賞(1998)
display all
Mail Address
Mail Address
Updated on
2015.02.23
JapaneseTop
copyright(c)2005 Tohoku University