研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
遠田 晋次
TODA Shinji
所属
災害科学国際研究所
災害理学研究部門
国際巨大災害研究分野
大学院担当
大学院理学研究科・理学部
地球物理学専攻

職名
教授
学位
博士(理学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
      全件表示
      研究キーワード
      地震地質,活断層研究,地震学
      所属学会
      • 日本地震学会
      • 日本活断層学会
      • 日本地質学会
      全件表示
      主要著書

      全件表示
      主要論文

      Megacity megaquakes – two near misses.[Science,341,(2013),850-852]tein, R. S., and S. Toda
      10.1126/science.1238944


      The 2011 M=9.0 Tohoku oki earthquake more than doubled the probability of large shocks beneath Tokyo.[Geophysical Research Letters,(2013)]Toda, S., and R. S. Stein
      10.1029/2011GL047834


      Simultaneous Reactivation of Two, Subparallel, Inland Normal Faults during the Mw 6.6 11 April 2011 Iwaki Earthquake Triggered by the Mw 9.0 Tohoku‐oki, Japan, Earthquake.[Bulletin of Seismological Society of America,103,(2013),1584-1602]Toda, S., and H. Tsutsumi
      10.1785/0120120281


      Structural Analysis of Coseismic Normal Fault Zones of the 2011 Mw 6.6 Fukushima Earthquake, Northeast Japan.[Bulletin of Seismological Society of America,103,(2013),1603-1613]Lin, A., S. Toda, G. Rao, S. Tsuchihashi, and B. Yan
      10.1785/0120120111


      内陸地震の長期評価に関する課題と新たな視点.[地質学雑誌,119,(2013),105-123]遠田晋次


      全件表示
      主要総説・解説記事

      予測に基づく地震防災・減災は可能かー阪神・淡路大震災から19年,東日本大震災から3年ー.[学士会 学士会会報,(905), (2014), 44-48]遠田晋次


      連鎖する大地震:東北地方太平洋沖地震後の地震活動を予測する.[学士会 U SEVEN,53, (2014), 43-47]遠田晋次


      活断層による地震危険度.[公益財団法人 渋沢栄一記念財団 青淵,(773), (2013), 22-24]遠田晋次


      全件表示
      学術関係受賞
        全件表示
        報道
          全件表示
          学外の社会活動
            全件表示
            データ更新日
            2014.04.28
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University