研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
色川 俊也
IROKAWA Toshiya
所属
事業支援機構
環境・安全推進センター
労働安全衛生室
大学院担当
大学院医学系研究科・医学部

職名
准教授
研究分野
    全件表示
    研究課題
      全件表示
      研究キーワード
      呼吸器病学,気道分泌,産業医学
      所属学会
      • American Coliege of Occupational and Environmental Medicine
      • 日本産業衛生学会
      • 日本内科学会
      全件表示
      学会活動・学会役員
      • 日本産業衛生学会・代議員(東北地区)(2008-2010)
      • 日本産業衛生学会産業医部会・東北地区代表幹事(2009-)
      • 日本産業衛生学会アレルギー免疫毒性研究会・世話人(2007-)
      全件表示
      主要著書

      全件表示
      主要論文

      Hyposecretion, not hyperabsorption, is the basic defect of cystic fibrosis airway glands..[J Biol Chem.,281(11),(2006),7392-7398]Joo NS, Irokawa T, Robbins RC, Wine JJ


      A virtual gland method for quantifying epithelial fluid secretion.[Am J Physiol, Lung Cell and Mol Physiol,287,(2004),L784-L793]Toshiya Irokawa, Mauri E. Krouse, Nam Soo Joo, Jin V. Wu, and Jeffrey J. Wine


      Cyclic ADP-ribose, a putative Ca2+-mobilizing second messenger, operates in submucosal gland acinar cells.[Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol.,287(1),(2004),L69-L78]Sasamori K, Sasaki T, Takasawa S, Tamada T, Nara M, Irokawa T, Shimura S, Shirato K, Hattori T


      Absent secretion to vasoactive intestinal peptide incystic fibrosis airway gland..[J. Biol. Chem.,277(52),(2002),50710-50715]Nam Soo Joo, Toshiya Irokawa, Jin V. Wu, Robert C. Robbins, Richard I. Whyte, and Jeffrey J. Wine


      Cholinomimetic Action of Macrolide Antibiotics on Airway Gland Electrolyte Secretion..[Am J Physiol, Lung Cell Mol Physiol,276(20),(1999),L951-L957]Toshiya Irokawa, Tsukasa Sasaki, Sanae Shimula, Kan Sasamori., Takako Oshiro, Nara M., Tsutomu Tamada, Kunio Shirato


      全件表示
      主要総説・解説記事

      喘息と気道分泌 気道粘膜下腺細胞とマクロライド剤.[メディカルレビュー社 喘息,9(2), (1996), 85-89]色川俊也、佐々木司、志村早苗


      CFと気道分泌.[先端医学社 分子呼吸器病,8(2), (2004), 57-58]色川俊也


      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2018.11.28
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University