研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
大井 秀一
OI Shuichi
所属
未来科学技術共同研究センター
開発研究部
植物バイオマス化学産業創生プロジェクト
大学院担当
大学院工学研究科・工学部
化学工学専攻

職名
教授
生年月
1964.09
学位
博士(工学)
研究分野
  • 合成化学
  • 有機化学
全件表示
研究課題
  • 有機金属錯体触媒を用いた新規反応の開発 (1992)
全件表示
研究キーワード
有機金属錯体,触媒
所属学会
  • 日本化学会
  • 有機合成化学協会
  • アメリカ化学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Direct C-H bond arylation of arenes with aryltin reagents catalysed by palladium complexes.[Chemical Communications,(12),(2008),1464-1466]Hiroshi Kawai, Yasuhiro Kobayashi, Shuichi Oi, and Yoshio Inoue


    Ruthenium-Catalyzed Arylation of 2-Alkenylpyridines with Aryl Bromides: Alternative E,Z-Selectivity to Mizoroki-Heck Reaction.[Organic Letters,7(18),(2005),4009-4011]Shuichi Oi, Kaori Sakai, and Yoshio Inoue


    Ortho-Selective Direct Cross-Coupling Reaction of 2-Aryloxazolines and 2-Arylimidazolines with Aryl and Alkenyl Halides Catalyzed by Ruthenium Complexes.[J. Org. Chem.,70(8),(2005),3113-3119]Shuichi Oi, Emi Aizawa, Yukako Ogino, and Yoshio Inoue


    Rhodium-Catalyzed Addition of Arylstannanes to Carbon-Heteroatom Double Bond.[Tetrahedron,59(24),(2003),4351-4361]S. Oi, M. Moro, H. Fukuhara, T. Kawanishi, Y. Inoue


    Asymmetric 1,4-Addition of Organosiloxanes to α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds Catalyzed by a Chiral Rhodium Complex.[Organic Letters,5(1),(2003),97-99]S. Oi, A. Taira, Y. Honma, Y. Inoue


    全件表示
    主要総説・解説記事

    ロジウム錯体触媒による有機金属試薬の炭素-ヘテロ原子および電子不足炭素-炭素二重結合への付加反応.[有機合成化学協会 有機合成化学協会誌,61(6), (2003)]大井秀一, 井上祥雄


    配位を利用した芳香族C-H結合のオルト位選択的な直接アリール化反応.[有機合成化学協会誌,67(3), (2009), 229-238]大井秀一


    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          データ更新日
          2009.06.08
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University