研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
阿部 宏
ABE Hiroshi
所属
大学院文学研究科・文学部
文化科学専攻
西洋文化学講座
フランス語学フランス文学分野
職名
教授
生年月
1958.08
学位
博士(情報科学)
文学修士
研究分野
  • 言語学(言語学・音声学)
  • ヨーロッパ語系文学(仏語・仏文学)
  • 思想史(思想史)
全件表示
研究課題
  • 言語における主観性 (2003-)
  • ソシュール文献学 (2005-)
  • 比較・程度表現 (1998-)
全件表示
研究キーワード
意味論,対照研究,語用論,主観性,望ましさ,文法化,一般言語学,ソシュール,文献学
所属学会
  • 日本フランス語学会
  • Association francaise de linguistique cognitive
  • 日本フランス語フランス文学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本フランス語学会・運営委員(2004-2006)
  • 日本フランス語フランス文学会・編集委員(2009-2011)
  • 日本フランス語学会・編集委員(1995-2007)
全件表示
主要著書

エミール・バンヴェニスト『言葉と主体 —一般言語学の諸問題—』.[岩波書店,(2013)](監訳)阿部宏,(共訳)前島和也,川島浩一郎


記号を読む(編著).[(2001)]タッド=ホールデン,阿部宏


研究成果報告書・フランス語空間表現の文法化研究.[(2004)]阿部宏


フランス語学研究35号.[(2001)]阿部宏


全件表示
主要論文

フランス語のムードとモダリティ.[ひつじ意味論講座 モダリティI:理論と方法,3,(2014),225-247]阿部宏


A propos de l’hétérogénéité de la phrase contradictoire en français.[Actas del XXXVI Congreso Internacional de Lingüística y Filologiá Románica,5,(2013),323-329]Hiroshi ABE


Au moins,du moins,encore moins と主観性.[フランス語学研究(日本フランス語学会),(44),(2010),33-48]阿部宏


La tautologie et la notion subjective de « désirabilité ».[Current Issues in Unity and Diversity of Languages, Collection of the papers selected from the 18th International Congress of Linguists,(2009),3266-3278]Hiroshi ABE


比較文法を批判してソシュールが考えたこと.[月刊誌『思想』(岩波書店),(2007)]阿部宏


全件表示
主要総説・解説記事

シンポジウム報告・ことばに主体はどのようにあらわれるか -フランス語学と認知言語学-.[『フランス語学研究』(日本フランス語学会),(44), (2010), 101-105]平塚徹,武本政嗣,阿部宏,鍋島弘治朗


フランス語質問箱・繰り返し表現,il y a X et X,le X des Xs.[『フランス語学研究』(日本フランス語学会),(44), (2010), 127-130]阿部宏


フランス語時間1,maintenant.[白水社 ふらんす,(1997年12月), (1997), 22-23]阿部宏


フランス語の心の声I トートロジー.[白水社 月刊誌『ふらんす』, (2006), 18-19]阿部宏


ワークショップ報告・ダイクシス動詞「行く」と「来る」の日仏対照.[日本認知言語学会論文集,11, (2011), 600-603]阿部宏


全件表示
学術関係受賞
  • 日本フランス語フランス文学会奨励賞(1998)
全件表示
学外の社会活動
  • 出張講義(小中高との連携)(2007)
  • 第25回全国国公立大学対抗相撲大会大会長(その他)(2007)
  • アリアンス=フランセーズ仙台講演(講演会・セミナー)(2002)
全件表示
オープンキャンパス・研究所公開等
  • ことばの科学(公開授業・講演)(2005)
全件表示
メールアドレス
メールアドレス
データ更新日
2015.02.23
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University