研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
福永 浩司
FUKUNAGA Kohji
所属
大学院薬学研究科・薬学部
生命薬科学専攻
生命解析学講座
薬理学分野
職名
教授
生年月
1955.12
研究分野
    全件表示
    研究キーワード
    CaM キナーゼ II , 脳の可塑性, 神経細胞死
    所属学会
      全件表示
      主要著書

      全件表示
      主要論文

      Purification and characterization of Ca2+- and calmodulin-dependent protein kinase from rat brain..[J Neurochem.,39,(1982),1607-1617]Kohji Fukunaga, Hideyuki Yamamoto, Kazuo Matsui, Kenji Higashi and Eishichi Miyamaoto


      Long-term potentiation is associated with an increased activity of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II..[J Biol Chem.,268(11),(1993),7863-7867]Kohji Fukunaga, Luc Stoppini, Eishichi Miyamoto and Dominique Muller


      Differential subcellular localiztion of two dopamine D2 receptor isoforms in transfected NG108-15 cells..[J. Neurochem.,in press,(2003)]Y. Takeuchi and K. Fukunaga


      ドーパミンD2 受容体の新しい細胞内シグナル伝達系と統合失調症.[蛋白質核酸酵素,51(11),(2006),16021608-]福永浩司、竹内有輔


      核内デルタ型 CaM キナーゼ II の神経機能における役割.[生化学,78(10),(2006),957-964]福永浩司、鎌田暁史、竹内有輔


      全件表示
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2008.03.25
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University