研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
太田 雄策
OHTA Yusaku
所属
大学院理学研究科・理学部
附属地震・噴火予知研究観測センター
地震予知観測研究部
大学院担当
大学院理学研究科・理学部
地球物理学専攻

職名
准教授
学位
博士(理学)
研究分野
  • 固体地球惑星物理学
全件表示
研究課題
  • GNSSデータを用いた地殻変動解析とその高度化 (2002)
全件表示
研究キーワード
GNSS, 地殻変動, プレート境界型巨大地震, 火山活動モニタリング
所属学会
  • 日本地震学会
  • 日本測地学会
  • American Geophysical Union (AGU)
全件表示
学会活動・学会役員
  • 公益社団法人日本地球惑星科学連合・代議員(2014-2016)
全件表示
主要著書

全件表示
主要論文

Quasi real-time fault model estimation for near-field tsunami forecasting based on RTK-GPS analysis: Application to the 2011 Tohoku-Oki Earthquake (Mw 9.0).[Journal of Geophysical Research,(2012)]Ohta Y., T. Kobayashi, H. Tsushima, S. Miura, R. Hino, T. Takasu, H. Fujimoto, T. Iinuma, K. Tachibana, T. Demachi, T. Sato, M. Ohzono, N. Umino
10.1029/2011JB008750


Geodetic constraints on afterslip characteristics following the March 9, 2011, Sanriku-oki earthquake, Japan.[Geophys. Res. Lett.,39(L16304),(2012),1-6]Ohta, Y., R. Hino, D. Inazu, M. Ohzono, Y. Ito, M. Mishina, T. Iinuma, J. Nakajima, Y. Osada, H. Fujimoto, K. Tachibana, T. Demachi, S. Miura
10.1029/2012GL052430


A large slow slip event and the depth of the seismogenic zone in the south central Alaska subduction zone.[Earth and Planetary Science Letters,247(1-2),(2006),108-116]Ohta Y., J.T. Freymueller, S. Hreinsdottir, H. Suito
10.1016/j.epsl.2006.05.013


Large intraslab earthquake (2011 April 7 M7.1) after the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake (M9.0): Coseismic fault model based on the dense GPS network data.[Earth, Planets and Space,(2011)]Ohta, Y., S. Miura, M. Ohzono, S. Kita, T. Iinuma, T. Demachi, K. Tachibana, T. Nakayama, S. Hirahara, S. Suzuki, T. Sato, N. Uchida, A. Hasegawa, and N. Umino
10.5047/eps.2011.07.016


Advective diffusion of volcanic plume captured by dense GNSS network around Sakurajima volcano: A case study of the Vulcanian eruption on July 24, 2012.[Earth, Planets and Space,67(1),(2015),157-]Ohta Y. and M. Iguchi
10.1186/s40623-015-0324-x


全件表示
主要総説・解説記事

GPSデータに基づくスマトラ沖地震による余効変動.[日本地震学会ニュースレター,,17(2), (2005), 21-22]太田雄策, Meilano Irwan, 伊藤武男, 木股文昭, Didik Sugiyanto


インドネシア国スマトラにおけるGPS 観測のための予備調査 -スマトラのGPS観測による2004年アチェ・アンダマン地震の滑り分布の推定-.[防災科学技術研究所研究資料,(304), (2007), 57-68]木股文昭,伊藤武男,太田雄策,Meilano IRWAN, 田部井隆雄


2008年岩手・宮城内陸地震(M7.2)に伴った地震時・地震後地殻変動.[(20), (2008), 10-14]三浦哲,太田雄策,大園真子,飯沼卓史,立花憲司,植木貞人,高塚晃多,宮尾佳世,佐藤俊也,対馬弘晃高橋浩晃,山口照寛,笠原稔,鷺谷威,小澤和浩,福田真人,朝日友香,松島健,中元真美,山下裕亮,中尾茂


全件表示
学術関係受賞
  • 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞(2017)
  • 第49回市村学術賞 貢献賞(2017)
  • 第23回日本測地学会賞坪井賞個人賞(2015)
  • 2011年度日本地震学会若手学術奨励賞(2012)
  • Earth, Planets and Space, Highlighted Papers 2015(2016)
全件表示
報道
  • 次世代の先導者 津波 数分で正確に予測(出演・執筆 新聞 日経産業新聞)(2017)
  • GPS活用、巨大地震を観測 地理院、春から本格運用(資料提供 新聞 朝日新聞)(2014)
  • 余効滑り域、震災震源近接 2日前の最大前震分析 東北大(出演・執筆 新聞 河北新報)(2012)
全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2017.10.20
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University