研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
佐倉 由泰
SAKURA Yoshiyasu
所属
大学院文学研究科・文学部
日本学専攻
日本文学講座
日本文学分野
職名
教授
学位
博士(文学)
文学修士
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 軍記物語の研究 (1985-)
    • 中世文芸の研究 (1985-)
    • 歴史文芸の研究 (1985-)
    全件表示
    研究キーワード
    軍記物語の表現のしくみと機能,歴史文芸の記述のしくみ,中世の文化・学問と文学表現とのかかわり
    所属学会
    • 日本文芸研究会
    • 中世文学会
    • 軍記・語り物研究会
    全件表示
    学会活動・学会役員
      全件表示
      主要著書

      『軍記物語の機構』.[汲古書院,(2011)]佐倉由泰


      『『大塔物語』をめぐる知の系脈』、日本学術振興会2009~2012年度科学研究費補助金基盤研究(C)「古代から中世に至る真名表記テキストに関する表現と知の系脈についての研究」(研究代表者 佐倉由泰)報告書、204p.[(2013)]佐倉由泰


      全件表示
      主要論文

      中世の列叙―世界を表象する知の祝祭―.[文学・語学,(第222),(2018),119-132]佐倉由泰


      軍記物語の表現史を構想するために―真名表記テキストに着目して―.[文学(隔月刊)、岩波書店,16(2),(2015),70-87]佐倉由泰


      リテラシーの動態を捉える文学史は可能か.[『文学・語学』,(200),(2011),54-69]佐倉由泰


      『平家物語』における祝祭的表象.[鈴木則郎編『平家物語 〈伝統〉の受容と再創造』(おうふう),(2011),65-104]佐倉由泰


      『太平記』と「気」.[佐伯真一編『中世文学と隣接諸学4 中世の軍記物語と歴史叙述』(竹林舎),(2011),211-237]佐倉由泰


      全件表示
      主要総説・解説記事

      藤原清衡と文学.[東北大学出版会 三浦秀一編『人文社会科学講演シリーズⅣ 東北人の自画像』, (2010), 41-85]佐倉由泰


      文学からみた将門記.[吉川弘文館 川尻秋生編『将門記を読む』, (2009), 26-51]佐倉由泰


      陸奥話記.[同成社 佐藤信・小口雅史編『古代史料を読む 下 平安王朝篇』, (2018), 71-90]佐倉由泰


      「安藤右宗」「今井兼平」「越後中太家光」「落合兼行」「平忠盛」「平為員」「平将門」「平正盛」「巴」「中原兼遠」「中原基兼」「樋口兼光」「便女」「藤原秀衡」「源行家」「将門記」「陸奥話記」.[東京書籍 大津雄一・日下力・佐伯真一・櫻井陽子編『平家物語大事典』, (2010)]佐倉由泰


      「縁」―御伽草子『ものくさ太郎』に学ぶ―.[東北大学出版会、45-62頁 座小田豊・尾崎彰宏編『今を生きる―東日本大震災から明日へ! 復興と再生への提言― 1 人間として』, (2012), 45-62]佐倉由泰


      全件表示
      学術関係受賞
        全件表示
        学外の社会活動
          全件表示
          外部機関における活動
            全件表示
            オープンキャンパス・研究所公開等
              全件表示
              データ更新日
              2018.09.29
              Englishこのページのトップへ
              copyright(c)2005 Tohoku University