研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
渡邊 康一
WATANABE Kouichi
所属
大学院農学研究科・農学部
応用生命科学専攻
職名
助教
東北大学大学院農学研究科附属食と農免疫国際教育センター(CFAI)・畜産免疫ユニット・助教
学位
博士(農学)
研究分野
  • 基礎獣医学・基礎畜産学
  • 応用動物科学
  • 畜産学・草地学
全件表示
研究課題
  • 骨格筋の機能と筋線維型構成に関する研究 (1994-)
  • 畜産物の食品組織学的研究 (2001-)
  • 家畜の免疫機構の解明 (2001-)
全件表示
研究キーワード
筋線維型, 筋紡錘, 食品組織学
所属学会
  • 日本畜産学会
  • 日本解剖学会
  • 東北畜産学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本産肉研究会・事務局長(2016-)
  • 日本乳房炎研究会・評議員(2009-)
全件表示
主要著書

獣医組織学 第7版.[学窓社,(2017)]渡邊康一・麻生 久


カラーアトラス獣医解剖学(上・下巻).[チクサン出版社,(2008)]山口高弘,渡邊康一


"ファイバー" スーパーバイオミメティックス 近未来の新技術創成.[エヌ・ティー・エス,(2006)]山口高弘,渡邊康一


まなびの杜 東北大学 知的探検のススメ Vol. II.[東北大学,(2006)]渡邊康一,山口高弘,齋藤忠夫,鈴木啓一


全件表示
主要論文

Distribution of myofiber types in the crural musculature of sheep.[Okajimas Folia Anatomica Japonica,89(2),(2012),39-45]Konno T., Watanabe K.*
10.2535/ofaj.89.39


Morpho-functional relationship between muscular architecture and proportion of myofiber types in ovine antebrachial musculature.[Okajimas Folia Anatomica Japonica,89(2),(2012),51-56]Konno T., Watanabe K.*


Myostatin down-regulates the IGF-2 expression via ALK-Smad signaling during myogenesis in cattle.[Animal Science Journal,81(2),(2010),223-229]Miyake M., Hayashi S., Taketa Y., Iwasaki S., Watanabe K., Ohwada S., Aso H., Yamaguchi T.*
10.1111/j.1740-0929.2009.00725.x


Muscle type-specific effect of myostatin deficiency on myogenic regulatory factor expression in adult double-muscled Japanese Shorthorn cattle.[Animal Science Journal,80(6),(2009),678-685]Muroya S.*, Watanabe K., Hayashi S., Miyake M., Konashi S., Sato Y., Takahashi M., Kawahata S., Yoshikawa Y., Aso H., Chikuni K., Yamaguchi T.
10.1111/j.1740-0929.2009.00684.x


Myostatin preferentially down-regulates the expression of fast 2x myosin heavy chain in cattle.[Proceedings of the Japan Academy, Series B,84,(2008),354-362]Hayashi S., Miyake M., Watanabe K., Aso H., Hayashi S., Ohwada S., Yamaguchi T.*
10.2183/pjab.84.354


全件表示
主要総説・解説記事

筋線維型と食肉のおいしさ ―反芻動物特異的Ⅰ型筋線維の産肉論的機能形態学解析―.[東北畜産学会 東北畜産学会報,66(1), (2016), 1-6]渡邊康一


国内唯一の遺伝資源「草原短角牛」.[牛の博物館 牛の博物館ニュースレター,38, (2012), 2]渡邊康一


中国の黄牛とわが国の日本短角種の特性比較.[社団法人畜産技術協会 畜産技術,631, (2008)]内田 宏・渡邊康一・萬田富治・趙 国琦・孫 龍生・全 炳台・山口高弘


健康ビーフ生産に適した肉用牛造成の取り組み -次世代型のダブルマッスル形質をもつ日本短角種-.[中央畜産会 畜産コンサルタント,512, (2007), 19-21]山口高弘,渡邊康一


全件表示
学術関係受賞
    全件表示
    報道
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
        • オープンキャンパス(実施)(2017)
        • オープンキャンパス(実施)(2016)
        • オープンキャンパス(企画)(2015)
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2018.06.27
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University