研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
坂田 宏
SAKATA Hiroshi
所属
大学院法学研究科・法学部
総合法制専攻 (法科大学院)
職名
教授
学位
博士(法学)
法学修士
研究分野
  • 民事法学
全件表示
研究課題
  • 民事手続法学 (1988)
全件表示
研究キーワード
処分権主義,訴訟物論(訴訟客体論),要件事実教育
所属学会
  • 日本民事訴訟法学会
  • 日本私法学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    民事訴訟における処分権主義.[(2001)]坂田 宏


    民事訴訟法の改正課題.[有斐閣,(2012)]三木浩一,山本和彦編著,垣内秀介,笠井正俊,坂田 宏,杉山悦子


    注釈民事訴訟法(6).[有斐閣,(1995)]谷口安平,福永有利(編),坂田宏ほか


    新版注釈民法(10)Ⅰ;債権(1);債権の目的・効力(1).[有斐閣,(2003)]奥田昌道(編),潮見佳男、金山直樹、坂田宏


    新基本法コンメンタール・人事訴訟法・家事事件手続法.[(2013)]松川正毅,本間靖規,西岡清一郎,坂田宏


    全件表示
    主要論文

    民事訴訟法学から見た労働委員会.[法学,81(3),(2017),1-25]坂田 宏


    除斥と忌避の狭間.[民事訴訟法の理論,0(0),(2018),271-290]坂田 宏


    ドイツ民事訴訟における職権による文書開示制度を手がかりとして.[民事手続法の現代的機能(信山社),(2014),57-74]坂田宏


    会社訴訟における第三者再審に関する一考察.[松本博之先生古稀祝賀論文集『民事手続法制の展開と手続原則』,(2016),655-668]坂田 宏


    訴訟告知制度の再構築に向けて.[東北ローレビュー(商事法務),1,(2014),29-44]坂田宏


    全件表示
    主要総説・解説記事

    相殺に対する反対相殺.[有斐閣 民事訴訟法判例百選(第5版), (2015), 96-97]坂田 宏


    集団訴訟における証明-大阪国際空港事件.[有斐閣 [判例から学ぶ]民事事実認定, (2006), 31-35]坂田 宏


    債務者について破産宣告決定がなされた後に動産売買先取特権者からする物上代位権の行使の許否[判例研究].[法学論叢,117(1), (1985), 87-98]坂田宏


    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      外部機関における活動
      • 下級裁判所裁判官指名諮問委員会仙台地域委員会(2008-2018)
      • 宮城県労働委員会(2011-2018)
      • 仙台弁護士会綱紀委員会(2016-2018)
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          ホームページ
          http://www.law.tohoku.ac.jp/staff/sakata_hiroshi/
          データ更新日
          2018.09.14
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University