研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
関 剛斎
SEKI Takeshi
所属
金属材料研究所
磁性材料学研究部門
大学院担当
大学院工学研究科・工学部
知能デバイス材料学専攻

職名
准教授
学位
博士(工学)
研究分野
    全件表示
    研究キーワード
    磁性材料, スピントロニクス
    所属学会
      全件表示
      学会活動・学会役員
        全件表示
        主要著書

        全件表示
        主要論文

        Large spin anomalous Hall effect in L10-FePt: Symmetry and magnetization switching.[Physical Review B,100,(2019),144427-1-144427-8]T. Seki, S. Iihama, T. Taniguchi, and K. Takanashi
        10.1103/PhysRevB.100.144427


        Visualization of anomalous Ettingshausen effect in a ferromagnetic film: Direct evidence of different symmetry from spin Peltier effect.[Applied Physics Letters,112(15),(2018),152403-1-152403-5]T. Seki, R. Iguchi, K. Takanashi, K. Uchida
        10.1063/1.5022759
        http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=85045402309&partnerID=40


        Spin Wave-Assisted Reduction in Switching Field of Highly Coercive Iron-Platinum Magnets.[Nature Communications,4,(2013),1726-1-1726-6]T. Seki, K. Utsumiya, Y. Nozaki, H. Imamura, and K. Takanashi
        10.1038/ncomms2737


        rf auto-oscillations in antiferromagnetically coupled layers with different coupling strengths.[Applied Physics Letters,97,(2010),162508-1-162508-3]T. Seki, H. Tomita, T. Shinjo, and Y. Suzuki


        Nucleation-type magnetization reversal by spin-polarized current in perpendicularly magnetized FePt layers.[Physical Review B,77,(2008),214414-1-214414-8]T. Seki, S. Mitani, and K. Takanashi


        全件表示
        主要総説・解説記事

        ホイスラー合金を用いたスピントルク発振.[日本磁気学会 日本磁気学会第208回研究会資料, (2016), 51-56]関剛斎、山本竜也、高梨弘毅


        スピン波を利用した磁化スイッチング.[応用物理,84, (2015), 61-65]関剛斎, 高梨弘毅


        高保磁力FePt合金の磁化制御.[まてりあ,51, (2012), 216-220]関剛斎


        MgO-MTJおよびCPP-GMRにおけるスピントルク発振 ~発振の高出力化および高周波化にむけて~.[日本応用磁気学会第168回研究会, (2009), 23-27]関剛斎、和田朋之、冨田博之、山根健量、升方康智、A. A. Tulapurkar、野崎隆行、白石誠司、新庄輝也、鈴木義茂、久保田均、福島章雄、湯浅新治、前原大樹、永峰佳紀、恒川孝二、D. D. Djayaprawira、渡辺直樹


        金属系における巨大スピンホール効果.[固体物理,43(12), (2008), 903-910]関剛斎、三谷誠司、高梨弘毅、高橋三郎、前川禎通


        全件表示
        学術関係受賞
          全件表示
          学外の社会活動
            全件表示
            データ更新日
            2020.04.09
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University