研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
萩野 浩一
HAGINO Kouichi
所属
大学院理学研究科・理学部
物理学専攻
職名
准教授
生年月
1971.02
学位
博士(理学)
研究分野
  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
全件表示
研究課題
  • 低エネルギー重イオン反応 (1993-)
  • 不安定原子核の構造 (1998-)
  • ハイパー核の構造 (2007-)
全件表示
研究キーワード
重イオン反応, 量子トンネル現象,平均場理論,線形応答理論
所属学会
  • 日本物理学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本物理学会・理論核物理領域世話人(2006-2007)
全件表示
主要論文

Validity of the linear coupling approximation in heavy-ion fusion reactions at sub-barrier energies.[Phys. Rev. C,55,(1997),276-284]K. Hagino, N. Takigawa, M. Dasgupta, D.J. Hinde, and J.R. Leigh
http://hdl.handle.net/10097/35623


Projection and ground state correlations made simple.[Phys. Rev. C,65,(2002),064320-]K. Hagino, P.-G. Reinhard, and G.F. Bertsch
http://hdl.handle.net/10097/35638


Large angle scattering and quasi-elastic barrier distributions.[Physical Review C,69,(2004),054610/1-054610/11]K. Hagino and N. Rowley
http://hdl.handle.net/10097/35651


WKB approximation for multi-channel barrier penetrability.[Physical Review A,70,(2004),032106/1-032106/6]K. Hagino and A.B. Balantekin
http://hdl.handle.net/10097/35652


Coexistence of BCS- and BEC-Like pair structures in halo nuclei.[Phys. Rev. Lett.,99,(2007),022506/1-022506/4]K. Hagino, H. Sagawa, J. Carbonell, and P. Schuck


全件表示
主要総説・解説記事

重イオン核融合反応と超重元素.[日本物理学会誌,68, (2013), 654-661]萩野浩一、有友嘉浩


量子トンネル融合反応で視る原子核の形.[日本物理学会誌,57, (2002), 588-591]萩野浩一、滝川昇


全件表示
学術関係受賞
  • 核理論論文新人賞(1999)
  • 泉萩会奨励賞(2009)
  • 平成25年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)の表彰(2014)
  • 平成28年度「科研費」審査委員の表彰(2016)
全件表示
報道
  • 河北新報コラム「科学の泉」 元素の世界 (全6回)(出演・執筆 新聞 河北新報社)(2014)
全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        データ更新日
        2017.09.06
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University