研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
菅原 優
SUGAWARA Yu
所属
大学院工学研究科・工学部
知能デバイス材料学専攻
材料電子化学講座
職名
助教
生年月
1984.02
学位
博士(工学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 鉄鋼材料の大気腐食挙動の解析と高耐食化原理の創出 (2013-)
    • 大気腐食環境における鉄鋼材料への水素侵入挙動の解析 (2012-)
    • PEFC用白金系触媒の溶解機構解明と高耐食表面の創成 (2006-)
    全件表示
    研究キーワード
    腐食防食, 金属電気化学, 表面処理
    所属学会
    • 腐食防食協会
    • 電気化学会
    • 日本鉄鋼協会
    全件表示
    学会活動・学会役員
      全件表示
      主要論文

      Dissolution Mechanism of Platinum in Sulfuric Acid Solution.[Journal of The Electrochemical Society,159(11),(2012),F779-F786]Yu Sugawara, Takayoshi Okayasu, Amar Prasad Yadav, Atsushi Nishikata and Tooru Tsuru
      10.1149/2.017212jes


      EQCM Study on Dissolution of Ruthenium in Sulfuric Acid.[Journal of The Electrochemical Society,155(9),(2008),B897-B902]Y. Sugawara, A. P. Yadav, A.Nishikata, and T.Tsuru
      10.1149/1.2945909


      Microelectrochemical Study on the Surface Oxidation of Pt: The Effects of Crystal Orientation and Grain Boundary.[Materials Transactions,55(4),(2014),735-738]Mayu Sasaki, Yu Sugawara, Izumi Muto and Nobuyoshi Hara
      10.2320/matertrans.M2013416


      Effect of Phosphate and Chromate Pigments on Sacrificial Corrosion Protection by Al-Zn Coating and Delamination Mechanism of Pre-painted Galvalume Steel.[ISIJ International,56(12),(2016),2267-2275]Yu SUGAWARA, Kohei ARAAKE, Izumi MUTO, Michiyasu TAKAHASHI, Masamitsu MATSUMOTO, and Nobuyoshi HARA
      10.2355/isijinternational.ISIJINT-2016-336


      全件表示
      主要総説・解説記事

      PEFC模擬環境における白金の溶解挙動.[Electrochemistry,79(12), (2011), 963-968]菅原優、西方篤


      固体高分子形燃料電池模擬環境における白金の溶解機構.[まてりあ,53(4), (2014), 165-169]菅原優
      10.2320/materia.53.165


      全件表示
      学術関係受賞
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          ホームページ
          http://www.material.tohoku.ac.jp/~devzai/lab.html
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2017.09.19
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University