研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
石田 宏幸
ISHIDA Hiroyuki
所属
大学院農学研究科・農学部
応用生命科学専攻
職名
准教授
生年月
1971.10
学位
農学博士
研究分野
  • 植物栄養学・土壌学
全件表示
研究課題
  • 葉の老化に伴う葉緑体タンパク質の分解機構 (1999)
全件表示
研究キーワード
Rubisco 老化 分解
所属学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本土壌肥料学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要論文

    Autophagy supports biomass production and nitrogen use efficiency at the vegetative stage in rice.[Plant Physiol.,168,(2015),60-73]Wada, S., Hayashida, Y., Izumi, M., Kurusu, T., Hanamata, S., Kanno, K., Kojima, S., Yamaya, T., Kuchitsu, K., Makino, A., Ishida, H.*
    10.1104/pp.15.00242


    Establishment of monitoring methods for autophagy in rice reveals autophagic recycling of chloroplasts and root plastids during energy limitation.[Plant Physiol.,167,(2015),1307-1320]Izumi, M., Hidema, J., Wada, S., Kondo, E., Kurusu, T., Kuchitsu, K., Makino, A., Ishida, H.*
    10.1104/pp.114.254078


    Roles of autophagy in chloroplast recycling.[Biochim. Biophys. Acta-Bioenerg.,1837,(2014),512-521]Ishida, H.*, Izumi, M., Wada, S., Makino, A.


    Autophagy plays a role in chloroplast degradation during senescence in individually darkened leaves.[Plant Physiology,149,(2009)]Wada, S., Ishida, H. *, Izumi, M., Yoshimoto, K., Ohsumi, Y., Mae, T., Makino, A.


    Mobilization of Rubisco and stroma-localized fluorescent proteins of chloroplasts to the vacuole by an ATG gene-dependent autophagic process..[Plant Physiology,148,(2008),142-155]Ishida, H. *, Yoshimoto, K., Izumi, M., Reisen, D., Yano, Y., Makino, A., Ohsumi, Y., Hanson, M.R., Mae, T.


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      報道
        全件表示
        学外の社会活動
          全件表示
          外部機関における活動
            全件表示
            オープンキャンパス・研究所公開等
              全件表示
              メールアドレス
              メールアドレス
              データ更新日
              2019.03.09
              Englishこのページのトップへ
              copyright(c)2005 Tohoku University