研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
橋本 久子
HASHIMOTO Hisako
所属
大学院理学研究科・理学部
化学専攻
職名
准教授
研究分野
  • 無機化学(有機金属化学)
  • 有機化学(有機ケイ素化学)
全件表示
研究課題
  • 感応性高周期元素-遷移金属多重結合を有する金属錯体の創製と触媒機能 (2012-)
  • 低原子価14族元素化学種からなるルイス酸性反応場を鍵とする高活性金属錯体の創製 (2015-)
  • 金属―ゲルマニウム不飽和結合を鍵反応場とする高活性遷移金属錯体の創製とその機能 (2011-2013)
全件表示
研究キーワード
錯体化学,有機金属化学,ケイ素化学,高周期14族元素
所属学会
  • 日本化学会
  • 錯体化学会
  • ケイ素化学協会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 第21回ケイ素化学協会シンポジウム・現地実行委員(2017)
  • 配位化学国際会議(ICCC)・現地実行委員(2016-)
  • 第16回有機金属化学および配位化学に関する日韓合同シンポジウム・現地実行委員(2014)
全件表示
主要著書

全件表示
主要論文

Recent Advances in the Chemistry of Transition Metal–Silicon/Germanium Triple-Bonded Complexes.[Coordnation Chemistry Reviews,(2017)]Hashimoto, Hisako; Tobita, Hiromi


NHC-Induced Conversion of a W–Ge Double Bond into the Triple Bond through Formation of W–Ge single and Double Bonded Intermediates.[Journal of Organometallic Chemistry,848,(2017),89-94]Fukuda, Testuya; Hashimoto, Hisako; Tobita, Hiromi
10.1016/j.jorganchem.2017.07.027


Rhodium-catalyzed P–P bond exchange reaction of diphosphine disulfides.[Chemical Communincations,52,(2017),13580-13583]M. Arisawa, T. Yamada, S. Tanii, Y. Kawata, H. Hashimoto, M. Yamaguchi
10.1039/c6cc07302f


Hydrogen-bridged bis(silylene) complexes of ruthenium and iron: synthesis, structures and multi-centre bonding interactions at the M–Si–H–Si four-membered ring.[Dalton Transactions,46,(2017),8701-8704]H. Hashimoto, K. Komura, T. Ishizaki, Y. Odagiri, H. Tobita,
10.1039/c7dt00505a


4) An Iron Germylene Complex Having Fe-H and Ge-H Bonds: Synthesis, Structure and Reactivity.[Dalton Transactions,46,(2017),8167-8179]T. P. Dhungana, H. Hashimoto, H. Tobita
10.1039/C7DT01159H


全件表示
主要総説・解説記事

カルベン錯体の高周期類縁体:新規シリレンおよびゲルミレン錯体の合成と不飽和有機化合物との反応.[有機合成化学協会誌 有機合成化学協会誌,70, (2012), 131-141]橋本久子,飛田博実


ケイ素遷移金属錯体の構造と反応.[近畿化学協会有機金属部会,4, (2002), 126-129]吉良満夫,橋本久子


遷移金属ーケイ素三重結合化合物へのアプローチ.[化学同人 化学,59, (2004), 66-67]橋本久子


全件表示
学術関係受賞
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2017.09.25
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University