研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
柴田 尚和
SHIBATA Naokazu
所属
大学院理学研究科・理学部
物理学専攻
職名
准教授
学位
博士(理学)
研究分野
  • 物性I
  • 物性II
全件表示
研究課題
  • 多自由度二次元量子多体系の数値的研究 (2006-2009)
  • スピン自由度をもつ量子ホール系の密度行列繰り込み群による研究 (2003-2006)
  • 密度行列繰り込み群による低次元強相関電子系の研究 (1999-2001)
全件表示
研究キーワード
物性理論、強相関電子系、数値解析
所属学会
  • 日本物理学会
  • 米国物理学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要論文

    Application of the density matrix renormalization group method to finite temperatures and two-dimensional systems.[J. Phys. A: Math. Gen.,36,(2003),R381-R410]Naokazu Shibata
    10.1088/0305-4470/36/37/201


    Controlling frustrated liquids and solids with an applied field in a kagome Heisenberg antiferromagnet.[Nature Communications,4,(2013),2287-1-6]Satoshi Nishimoto, Naokazu Shibata and Chisa Hotta
    10.1038/ncomms3287


    One-dimensional Kondo lattice model studied by the density matrix renormalization group method.[J. Phys.: Condens. Matter,11,(1999),R1-R30]Naokazu Shibata, Kazuo Ueda
    10.1088/0953-8984/11/2/002


    NMR profiling of quantum electron solids in high magnetic fields.[Nature Physics,10,(2014),648-652]L. Tiemann, T. D. Rhone, N. Shibata, K. Muraki
    10.1038/nphys3031


    Ground-state phase diagram of 2D electrons in a high Landau level.[Phys. Rev. Lett.,86,(2001),5755-5758]Naokazu Shibata, Daijiro Yoshioka
    10.1103/PhysRevLett.86.5755


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      報道
        全件表示
        学外の社会活動
          全件表示
          外部機関における活動
            全件表示
            オープンキャンパス・研究所公開等
              全件表示
              データ更新日
              2019.07.03
              Englishこのページのトップへ
              copyright(c)2005 Tohoku University