研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
大田 昌樹
OTA Masaki
所属
大学院環境科学研究科
先端環境創成学専攻
環境創成計画学講座
環境分子化学分野
大学院担当
大学院環境科学研究科
先端環境創成学専攻
環境創成計画学講座
環境分子化学分野


大学院工学研究科・工学部
化学工学専攻

職名
准教授
一般財団法人青葉工学振興会研究員
学位
博士(工学)
研究分野
  • 生物機能・バイオプロセス
  • 化工物性・移動操作・単位操作
  • 環境技術・環境材料
全件表示
研究課題
  • CO2応用技術(固定化・変換・利用)の開発 (2002)
  • 微細藻類・バイオマスの工学的高度利用 (2004)
  • 天然高付加価値成分の超臨界抽出・分離 (2005)
全件表示
研究キーワード
化学工学、CO2固定、エネルギー、天然物、超臨界流体技術開発、機能性食品開発、藻類バイオマス、ハイドレート
所属学会
  • 化学工学会
  • AIChE
  • マリンバイオテクノロジー学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Solubility of flavone, 6-methoxyflavone and anthracene in supercritical CO2 with/without a co-solvent of ethanol correlated by using a newly proposed entropy-based solubility parameter.[Fluid Phase Equilibria,425,(2016),65-71]Masaki Ota, Yoshiaki Hashimoto, Megumi Sato, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith Jr., Hiroshi Inomata
    10.1016/j.fluid.2016.05.009


    Fatty acid production from a highly CO2 tolerant alga, Chlorocuccum littorale, in the presence of inorganic carbon and nitrate.[Bioresouce Technology,100(21),(2009),5237-5242]Masaki Ota, Yoshitaka Kato, Hiromoto Watanabe, Masaru Watanabe, Yoshiyuki Sato, Richard L. Smith, Jr., Hiroshi Inomata
    10.1016/j.biortech.2009.05.048


    Review of CO2–CH4 clathrate hydrate replacement reaction laboratory studies – Properties and kinetics.[Journal of the Taiwan Institute of Chemical Engineers,44(4),(2013),517-537]Hiroyuki Komatsu, Masaki Ota, Richard L. Smith Jr., Hiroshi Inomata
    10.1016/j.jtice.2013.03.010


    基礎物性に基づく高圧抽出分離プロセスの開発.[分離技術,47(6),(2017),374-378]大田昌樹


    Vapor-liquid distribution coefficients of hops extract in high pressure CO2 and ethanol mixtures and data correlation with entropy-based solubility parameters.[Fluid Phase Equilibria,434,(2017),44-48]Masaki Ota, Satoshi Sugahara, Yoshiyuki Sato, Richard Lee Smith Jr., Hiroshi Inomata
    10.1016/j.fluid.2016.11.011


    全件表示
    主要総説・解説記事

    微細藻類のカスケード利用と超臨界流体技術.[NTSセミナー講演要旨集 第4講, (2009)]大田昌樹


    微細藻類からのバイオ燃料生産研究の最近の情勢.[社団法人石油学会 Petrotech,33(2), (2010), 96-100]大田昌樹


    二酸化炭素の固定・変換・有効利用に関する研究.[翠巒, (2010)]大田昌樹


    溶解度パラメーターに関する最近のTOPICS.[公益社団法人化学工学会 化学工学,80(12), (2016), 802]大田昌樹


    ドイツが主導するエネルギーシフトの視察旅行を終えて.[Guten Tag,22, (2012)]大田昌樹


    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      学外の社会活動
      • 宮城県藻類産業フォーラム(公開講座)(2011)
      • 法人評価訪問調査・学生面談(その他)(2007-2008)
      • ゲーテ・インスティテュート主催ドイツ新エネルギー関連施設の視察(その他)(2011)
      全件表示
      外部機関における活動
        全件表示
        データ更新日
        2019.08.19
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University