研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
渡邉 賢
WATANABE Masaru
所属
大学院工学研究科・工学部
超臨界溶媒工学研究センター
システム開発部
大学院担当
大学院環境科学研究科
先端環境創成学専攻
資源循環プロセス学講座
環境グリーンプロセス学分野


大学院工学研究科・工学部
化学工学専攻

職名
教授
学位
博士(工学)
修士(理工学)
研究分野
  • 触媒・資源化学プロセス(触媒・化学プロセス)
  • 分析化学(工業分析化学)
  • 反応工学・プロセスシステム(反応分離工学)
全件表示
研究課題
  • 超臨界水中での炭化水素の分解に関する研究 (1995)
  • 超臨界水中での触媒反応による有機化合物のガス化 (2000-)
  • 高温高圧流体による天然物高付加価値化 (2006-)
全件表示
研究キーワード
高温高圧水、金属酸化物、バイオマス、超臨界流体、天然物
所属学会
  • 化学工学会
  • 日本化学会
  • American Chemical Society
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本化学会 平成19年度グランプリ・オリンピック委員会・東北支部担当委員(2007-)
  • 化学工学会超臨界流体部会・幹事(2011-)
  • 日本化学会化学グランプリ2次選考実行委員・実行委員(2012-)
全件表示
主要著書

Advanced Supercritical Fluids Technologies.[InTech,(2019)]Masaru Watanabe, Masayoshi Wagatsuma, Keisuke Suzuki, Takuma Kato, Yasuto Goto, Yukihiro Kanaguri and Yuya Hiraga
ISBN978-1-83880-709-2


研究室に所属したらすぐ読む 安全化学実験ガイド.[講談社サイエンティフィク,(2010)]NPO法人RHESE研究会編:大島義人、大友順一郎、北村規明、斎藤英弥、春原伸次、富田賢吾、山本仁、吉識肇、渡邉賢


超臨界流体入門.[丸善株式会社,(2008)]化学工学会超臨界流体部会 編


Microwave apparatus for kinetic studies and in-situ observations in hydrothermal or high-pressure ionic liquid system: setup and some experimental results concerning biomass conversion.[InTech,(2012)]Masaru Watanabe, Xinhua Qi, Taku M. Aida, Richard L. Smith


Application of Hydrothermal Reactions to Biomass Conversion.[Springer,(2014)]Masaru Watanabe, Taku M. Aida, Richard Lee Smith, Jr.
ISBN978-3-642-54457-6


全件表示
主要論文

Chemical reactions of C1 compounds in near- and supercritical water.[Chemical Reviews,104,(2004),5803-5821]Masaru Watanabe, Takafumi Sato, Hiroshi Inomata, Richard Lee Smith, Jr., Kunio Arai, Andrea Kruse, Eckherd Dinjus


Overall Rate Constant of Pyrolysis of n-Alkanes at a Low Conversion Level.[Industrial and Engineering Chemistry Research,40(9),(2001),2027-2036]Masaru Watanabe, Tadafumi Adschiri, Kunio Arai


Catalytical conversion of fructose and glucose into 5-hydroxymethylfurfural in hot compressed water by microwave heating.[Catalysis Communications,9,(2008),2244-2249]Xinhua Qi, Masaru Watanabe, Taku M. Aida, Richard L. Smith Jr.


Control of Methanol Oxidation by Ionic Behavior in Supercritical Water.[Chemical Communications,(2001),2270-2271]Masaru Watanabe, Kiwamu Sue, Tadafumi Adschiri, Richard Lee Smith Jr., Hiroshi Inomata, Kunio Arai


Polyethylene conversion in supercritical water.[The Journal of Supercritical Fluids,13,(1998),247-252]Masaru Watanabe, Hideyuki Hirakoso, Shuhei Sawamoto, Tadafumi Adschiri, and Kunio Arai


全件表示
主要総説・解説記事

高温高圧水中でのプラスチックスの分解.[化学工業社 ケミカルエンジニヤリング,55(11), (2010), 55 (863)-61 (869)]渡邉 賢、松尾康輝、猪股 宏、奥山 学


地球持続のための物質循環プロセス構築に向けて.[日本混相流学会 混相流,21(1), (2007), 4-12]渡邉 賢


金属酸化物を添加した高温・高圧水中でのバイオマスの変換反応.[月刊「水」発行所 水,48-9, (2006), 2-17]渡邉 賢


NOx利用し新光源.[日本化学会 化学と工業,47(9), (1994), 1170-1173]渡邉賢、石井幹太


化学工学年鑑2014.[化学工学,78(10), (2014), 709-716]渡邉 賢


全件表示
学術関係受賞
  • 化学工学会75周年記念懸賞論文優秀賞(2012)
  • 青葉工学振興会 第8回研究奨励賞(2002)
  • The Engineering Ceramics Division Best Poster Award: Second Place(2007)
  • Poster Award:Green Solvens 2008(2008)
全件表示
学外の社会活動
  • 平成22年度 第5回ジュニア化学への招待—楽しい化学実験室—(公開講座)(2011)
  • 化学への招待(公開講座)(2007)
  • 仙台市科学館主催 おもしろ化学の屋台村−化学展2006−(展示会)(2006)
全件表示
行政機関・企業・NPO等参加
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
      全件表示
      データ更新日
      2019.11.23
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University