研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
森本 展行
MORIMOTO Nobuyuki
所属
大学院工学研究科・工学部
材料システム工学専攻
生体材料システム学講座
生体機能材料学分野
大学院担当
大学院医工学研究科

職名
准教授
学位
博士(学術)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • ポリスルホベタインの薬物ナノキャリアとしての応用 (2013-)
    • 温度応答性テレケリック型ポリマーの自己組織化と機能 (2011-)
    • ポリベタイン型ナノ粒子の創製と機能探索 (2011)
    全件表示
    研究キーワード
    ナノ粒子, 自己組織化, 水和, 高分子電解質, ATP,
    所属学会
    • 高分子学会
    • バイオマテリアル学会
    • 日本DDS学会
    全件表示
    学会活動・学会役員
      全件表示
      主要著書

      Biomedical Applications of Hydrogels Handbook..[Springer,(2010)]N. Morimoto, K. Akiyoshi


      次世代医療のための高分子材料工学.[シーエムシー出版,(2008)]森本展行、秋吉一成


      ナノバイオ大辞典.[テクノシステム,(2007)]森本展行、秋吉一成


      Nanotechnology in Carbohydrate Chemistry..[Transworld Research Network,(2006)]N. Morimoto, U. Hasegawa, A. Sugawara, S. Yamane, K. Akiyoshi


      The MML series vol.8.[Citus Books,(2006)]N. Morimoto, K. Akiyoshi


      全件表示
      主要論文

      SiO2 and TiO2 nanoparticles synergistically trigger macrophage inflammatory responses..[Particle and Fibre Toxicology,14,(2017),11-]M. Tsugita, N. Morimoto, M. Nakayama.


      SR-B1 Is a Silica Receptor that Mediates Canonical Inflammasome Activation..[Cell Reports,18,(2017),1298-1311]M. Tsugita, N. Morimoto, M. Tashiro, K. Kinoshita, M. Nakayama.


      Strong Dependence of Hydration State of F-Actin on the Bound Mg2+/Ca2+ Ions..[J. Phys. Chem. B,120,(2016),6917-6928]M. Suzuki, A. Imao, G. Mogami, R. Chishima, T. Watanabe, T. Yamaguchi, N. Morimoto, T. Wazawa.


      Membrane translocation and organelle-selective delivery steered by polymeric zwitterionic nanospheres.[Biomacromolecules,17,(2016),1523-1535]N. Morimoto, M. Wakamura, K. Muramatsu, S. Toita, M. Nakayama, W. Shoji, M. Suzuki, F. M. Winnik.


      Rotational motion of rhodamine 6G tethered to actin through oligo (ethylene glycol) linkers studied by frequency-domain fluorescence anisotropy.[Biophys. Physicobiol.,12,(2015),87-102]T. Wazawa, N. Morimoto, T. Nagai, M. Suzuki.


      全件表示
      主要総説・解説記事

      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2018.09.16
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University