研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
山下 まり(四津 まり)
YOTSU-YAMASHITA Mari(YOTSU Mari)
所属
大学院農学研究科・農学部
生物産業創成科学専攻
職名
教授
学位
農学博士
研究分野
  • 生物生産化学・生物有機化学(生物有機化学)
全件表示
研究課題
  • 天然物の構造決定、生理作用 (2000-)
  • 天然物の生合成研究 (2000-)
全件表示
研究キーワード
自然毒, 天然物, 生理活性, 生合成, 構造決定, 作用蛋白質
所属学会
  • アメリカ化学会
  • 日本農芸化学会
  • AOAC International
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本農芸化学会・英文誌編集委員(2015-2019)
  • 日本農芸化学会男女共同参画委員会・委員(2015-2016)
全件表示
主要著書

月刊 臨床神経科学、Clinical Neuroscience, 貝毒、魚毒、腔腸動物の毒、神経毒とNeuroscience 2017.[中外医学社,(2017)]山下まり*、此木敬一


Seafood and Freshwater Toxins: Pharmacology, Physiology, and Detection.[CRC Press, Taylor & Francis group,(2014)]M. Carmen Louzao, Natalia Vilarino, and Mari Yotsu-Yamashita,
ISBN976-1-4665-05


水産学シリーズ174 フグ研究とトラフグ生産技術の最前線 第9章フグ毒化関連タンパク質 p111-121.[恒星社厚生閣,(2012)]山下まり
ISBN978-4-7699-1285-9


藻類ハンドブック 第2節-5. 大型藻類の毒 p268-270.[(株)エヌ•テイー•エス社,(2012)]山下まり
ISBN978-4-86469-002-7


天然物化学-海洋生物編.[アイピーシー,(2008)]山下まり


全件表示
主要論文

Biosynthetic route towards saxitoxin and shunt pathway.[Scientific Reports,6,(2016),20340-]Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Kazuo Nagasawa, Yasukatsu Oshima and Mari Yotsu-Yamashita,*
10.1038/srep20340


Cyclic Guanidine Compounds From Newts Support the Hypothesis that Tetrodotoxin is Derived From Monoterpene.[Angewandte Chemie International Edition,55,(2016),8728-8731]Yuta Kudo, Takeshi Yasumoto, Dietrich Mebs, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita*
10.1002/anie.201602971


Synthesis and identification of key biosynthetic intermediates for the formation of the tricyclic skeleton of saxitoxin.[Angew. Chem. Int. Ed.,56,(2017),5327-5331]Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Renpei Yoshioka, Keiichi Konoki, Kazuo Nagasawa, Yasukatsu Oshima, and Mari Yotsu-Yamashita*
10.1002/anie.201612461/full


Six domoic acid related compounds from the red alga, Chondria armata, and domoic acid biosynthesis by the diatom, Pseudo-nitzschia multiseries.[Scientific Reports,8(356),(2018)]Yukari Maeno, Yuichi Kotaki, Ryuta Terada, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita*
10.1038/s41598-017-18651-w


Spiro Bicyclic Guanidino Compounds from Pufferfish, Possible Biosynthetic Intermediates of Tetrodotoxin in Marine Environments,.[Chemistry, a European Journal,24,(2018),7250-7258]Nozomi Ueyama, Keita Sugimoto, Yuta Kudo, Ken-ichi Onodera, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Toshio Nishikawa, Mari Yotsu-Yamashita*
10.1002/chem.201801006


全件表示
主要総説・解説記事

テトロドトキシンはモノテルペン由来か?.[化学同人 月刊化学,71(12), (2016), 66-67]山下まり、工藤雄大


グアム産ヒラムシにおけるテトロドトキシンの役割.[化学と生物,44(9), (2006), 584-586]山下まり


電位依存性Na+チャネルとフグ毒テトロドトキシン.[47(8), (2009), 538-544]山下まり


毒のサイエンス 毒をためこむ不思議な魚・フグ ー生命科学によるフグ毒の謎へのアプローチ.[アドスリー ビオフィリア,5(1), (2009), 9-13]山下まり


Topics, テトロドトキシン類縁体のHILIC/MSによる一斉分析.[バイオサイエンスとインダストリー,66(11), (2008), 624-626]山下まり


全件表示
学術関係受賞
  • 日本農芸化学会奨励賞(2000)
全件表示
報道
  • 郷土の鍋食材禁止知らず フグ肝販売背景は(その他 新聞 朝日新聞)(2018)
  • 研究室探訪(その他 新聞 河北新報朝刊)(2017)
  • 科学の泉、海洋生物の毒(出演・執筆 新聞 河北新報)(2013)
全件表示
学外の社会活動
  • 宮城県仙台第三高等学校理数科講演会(小中高との連携)(2012)
  • 福島成蹊高校での理科講演会(小中高との連携)(2013)
  • 第55回東北大学農学カルチャー講座(公開講座)(2018)
全件表示
外部機関における活動
  • 日本学術会議(2017-2022)
全件表示
行政機関・企業・NPO等参加
  • 仙台市(地方公共団体) 仙台市食品安全対策協議会委員 委員(2015-)
  • 内閣府食品安全委員会(国) かび毒・自然毒等専門調査会 専門参考人(2016-2017)
  • EFSA(European Food Safety Authority) ヨーロッパ食品安全委員会(その他) EUにおけるフグ毒の規制に関する文書作成のための助言(2016-2017)
全件表示
オープンキャンパス・研究所公開等
    全件表示
    ホームページ
    http://www.agri.tohoku.ac.jp/bukka/index-j.html
    メールアドレス
    メールアドレス
    データ更新日
    2019.03.31
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University