研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
山谷 知行
YAMAYA Tomoyuki
所属
学位プログラム推進機構
学際高等研究教育院
職名
教授
東北大学高度教養教育・学生支援機構 教養教育院
生年月
1950.02
学位
農学博士
農学修士
研究分野
  • 植物栄養学・土壌学
  • 植物生理・分子
  • 応用生物化学
全件表示
研究課題
  • イネにおける窒素利用の分子的基盤 (1988-)
  • 高等植物における窒素代謝のコンパートメンテーションと調節機構 (2000-)
  • イネの窒素利用と生産性に関わるQTL解析 (2000-)
全件表示
研究キーワード
植物分子生理学、イネ, 窒素代謝, コンパートメンテーション, QTL解析
所属学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本土壌肥料学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本植物生理学会誌 (Plant and Cell Physiology)・編集長(2012-2015)
全件表示
主要著書

"Nitrogen Acquisition and Assimilation in Higher Plants", Plant Ecophysiology Series, Eds. by Stulen, I. and Amancio, S..[(2004)]Yamaya, T. and Oaks, A.


朝倉植物生理学講座(2)代謝.[朝倉書店,(2001)]山谷知行


Advance in Rice Genetics: Molecular markers, QTL mapping, and marker-assisted selection.[IRRI, Philippines,(2003)]Fukuta, Y., Kobayashi, S., Tsunematsu, H., Ebron, L.A., Kato, H., Umemoto, T., Morita, S., Sato, T., Yamaya, T., Nagamine, T., Fukuyama, T., Sasahara, H., Ashikawa, I., Tamura, K., Nemoto, H., Maeda, H., Hamamura, K., Ogata, T., Matsue, Y., Ichitani, K. and Takagi, A.


Nitrogen Nutrition in Higher Plants..[Associated Publishing Company,(1995)]YAMAYA Tomoyuki


明日を拓く植物科学-光エネルギーを生物エネルギーにかえる植物の設計図を読む.[クバプロ,(2002)]山谷知行


全件表示
主要論文

Severe reduction in growth rate and grain filling of rice mutants lacking OsGS1;1, a cytosolic glutamine synthetase1;1.[Plant Journal,42,(2005),641-651]Tabuchi, M., Sugiyama, K., Ishiyama, K., Inoue, E., Sato, T., Takahashi, H. and Yamaya, T.*


Mapping of QTLs associated with contents of cytosolic glutamine synthetase and NADH-glutamine synthase in rice(Oryza sativa L.).[Journal of Experimental Botany,52(359),(2001),1209-1217]Obara, M., Kajiwara, M., Fukuta, Y., Yano, M., Hayashi, M., Yamaya, T. and Sato, T.


Metabolomics data reveal a crucial role of cytosolic glutamine synthetase 1;1 in coordinating metabolic balance in rice.[The Plant Journal,in press,(2011)]Kusano, M., Tabuchi, M., Fukushima, A., Funayama, K., Diaz, C., Kobayashi, M., Hayashi, N., Tsuchiya N. Y., Takahashi, H., Kamata, A., Yamaya, T.*, and Saito, K.*


Assimilation of ammonium-ions and re-utilization of nitrogen in rice (Oryza sativa L.).[J Exp Bot,58(9),(2007),2319-2327]Tabuchi, M., Abiko, T. and Yamaya, T.*


Changes in the cellular localization of cytosolic glutamine synthetase protein in vascular bundles of rice leaves at various stages of development.[Planta,200(3),(1996),306-311]YAMAYA Tomoyuki, et al.


全件表示
主要総説・解説記事

植物の代謝コミュニケーション:植物分子生理学の新展開.[共立出版 蛋白質・核酸・酵素,48, (2003), 2068-2074]山谷知行


ゲノム科学と21世紀の植物栄養学-具体例の紹介-.[日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学会誌,73, (2002), 69-72]山谷知行、鈴木石根、林誠、小原実広


植物代謝機能研究の新展開.[日本農芸化学会 日本農芸化学会誌,76, (2002), 35-36]山谷知行、高橋秀樹、榊原均


窒素の転流と利用の分子機構.[日本農芸化学会 化学と生物,38, (2000), 473-480]早川俊彦、山谷知行


植物の環境応答機構とバイオテクノロジー.[日本学術振興会 学術月報,53, (2000), 24-29]山谷知行


全件表示
学術関係受賞
  • 紫綬褒章(2017)
  • 日本農学賞(2015)
  • 日本土壌肥料学会賞(1999)
全件表示
報道
  • 東北大学の新世紀 「世界をリードするイネの研究」(出演・執筆 テレビ 東日本放送)(2009)
  • P1隔離圃場の説明会に関して(出演・執筆 新聞 河北新報)(2000)
  • NHK ためしてがってん(資料提供 テレビ NHKテレビ)(2005)
全件表示
学外の社会活動
  • 平成21年度科学研究費補助金の公募等について(講演会・セミナー)(2008)
  • 日本学術振興会学術システム研究センターの役割及びセンター研究員の推薦に関する説明会(講演会・セミナー)(2008)
  • 科学研究費補助金の審査システムについて(講演会・セミナー)(2008)
全件表示
外部機関における活動
  • 独立行政法人 日本学術振興会(2006-2009)
  • 理化学研究所植物科学研究センター(2001-2005)
全件表示
行政機関・企業・NPO等参加
  • 日本学術振興会(国) 学術システム研究センター 主任研究員(2007-2009)
  • 理化学研究所(国) 植物科学研究センター グループディレクター(2001-2005)
  • 科学技術振興機構(JST)(国) CREST・さきがけ研究領域「二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と 研究領域アドバイザー(2011-)
全件表示
オープンキャンパス・研究所公開等
    全件表示
    ホームページ
    http://www.las.tohoku.ac.jp/
    データ更新日
    2018.05.12
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University