研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
萩野 顕彦
HAGINO Akihiko
所属
大学院農学研究科・農学部
資源生物科学専攻
職名
助教
生年月
1958.01
学位
農学博士
研究分野
  • 応用動物科学
全件表示
研究課題
  • ウシ乳腺上皮細胞の増殖・分化機構に関する研究 (1997-)
全件表示
研究キーワード
乳腺上皮細胞,分化,細胞外マトリクス
所属学会
    全件表示
    学会活動・学会役員
      全件表示
      主要著書

      家畜生理学.[養賢堂,(2004)]津田恒之、小原嘉昭、加藤和雄


      反芻動物の栄養生理学.[農文協,(1998)]佐々木康之,小原嘉昭 他


      安全のための手引きコンプリートマニュアル.[(2006)]赤坂和昭、遠藤泰志、萩野顕彦、菅野均志、中野俊樹、新谷尚弘、鳥山欽哉、吉岡俊人


      全件表示
      主要論文

      Effect in sheep of dietary concentrate content on secretion of growth hormone, insulin and insulin-like growth factor-I after feeding.[Animal Science Jounal,76(1),(2005),55-63]Hagino A, Inomata E, Sato T, Ohtomo Y, Sasaki Y, Obara Y


      A combination of octanoate and oleate promotes in vitro differentiation of porcine intramuscular adipocytes..[Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol.,149(2),(2008),285-292]Sanosaka M, Minashima T, Suzuki K, Watanabe K, Ohwada S, Hagino A, Rose MT, Yamaguchi T, Aso H.


      Gene expression and hormonal regulation of adiponectin and its receptors in bovine mammary gland and mammary epithelial cells.[Animal Science Journal,82(1),(2011),99-106]Ohtani Y, Yonezawa T, Song SH, Takahashi T, Ardiyanti A, Sato K, Hagino A, Roh SG, Katoh K.


      Growth hormone and lactogenic hormones can reduce the leptin mRNA expression in bovine mammary epithelial cells..[Domest Anim Endocrinol.,31(1),(2006),88-96]Yonekura S, Sakamoto K, Komatsu T, Hagino A, Katoh K, Obara Y.


      Gene expression and hormonal regulation of adiponectin and its receptors in bovine mammary gland and mammary epithelial cells..[Animal Science Journal,(2010)]Ohtani, Y., T. Yonezawa, S. Song, T. Takahashi, A. Ardiyanti, K. Sato, A. Hagino, S. Roh, and K. Katoh,


      全件表示
      主要総説・解説記事

      反芻動物の胃の構造と微生物による粗飼料の消化について.[畜産技術協会 シープジャパン,58, (2006), 14-16]萩野顕彦,小田伸一


      ヒツジへの給与飼料の相違により誘起される成長ホルモン、グレリンおよびインスリンの分泌動態およびその制御機構.[栄養生理研究会報,53(1), (2009), 9-17]高橋辰行、萩野顕彦、小原嘉昭、加藤和雄


      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2018.07.01
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University