研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
大坪 和香子
Ohtsubo Wakako
所属
大学院農学研究科・農学部
生物産業創成科学専攻
食品機能健康科学講座
動物資源化学分野
大学院担当
大学院農学研究科・農学部
生物産業創成科学専攻
食品機能健康科学講座
動物資源化学分野

職名
助教
学位
博士(理学)
修士(生命科学)
学士(農学)
研究分野
    全件表示
    研究キーワード
    応用微生物学、微生物生態学、環境微生物工学
    所属学会
    • 日本微生物生態学会
    • 日本畜産学会
    • 日本酪農科学会
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Biodegradation of crude oil and phenanthrene by heavy metal resistant Bacillus subtilis isolated from a multi-polluted industrial wastewater creek.[International Biodeterioration & Biodegradation,(2017)]Ganiyu Oladunjoye Oyetibo, Mei-Fang Chien, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Hitoshi Suzuki, Oluwafemi Sunday Obayori, Sunday Adekunle Adebusoye, Matthew Olusoji Ilori, Olukayode Oladipo Amund, Ginro Endo


    Draft genome sequence of Lactobacillus plantarum MPL16 a wakame-utilizing immunobiotic strain from swine feces..[Genome announcements,(2017)]Villena, J., Saavedra L., Hebert E.M., Masumizu Y., Sato N., Kober A.K.M.H., Albarracin L., Ikeda-Ohtsubo W., Makino S., Kimura K., Ohkawara S., Kitazawa H.


    'Candidatus Adiutrix intracellularis', an endosymbiont of termite gut flagellates, is the first representative of a deep-branching clade of Deltaproteobacteria and a putative homoacetogen..[Environmental Microbiology,(2016)]Wakako Ikeda-Ohtsubo, Jürgen F. H. Strassert, Tim Köhler, Aram Mikaelyan, Ivan Gregor, Alice C. McHardy, Susannah Green Tringe, Phil Hugenholtz, Renate Radek, and Andreas Brune
    10.1111/1462-2920.13234
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26914459


    Modulation of porcine intestinal epitheliocytes immunetranscriptome response by Lactobacillus jensenii TL2937: finding new biomarkers for the selection of antiinflammatory immunobiotics..[Beneficial Microbes,(2016)]Kobayashi, H., Albarracin L., Sato N., Kanmani P., Kober A.K.M.H., Ikeda-Ohtsubo W., Suda Y., Nochi T., Aso H., Makino S., Kano H., Ohkawara S., Saito T., Villena J., Kitazawa H.


    Draft Genome Sequence of Lactobacillus plantarum TL2766, a strain with the ability to ferment wakame.[Genome Announcement,(2016)]Villena, J., Saavedra L., Hebert E.M., Masumizu Y., Sato N., Kober A.K.M.H., Albarracin L., Ikeda-Ohtsubo W., Makino S., Kimura K., Ohkawara S., Kitazawa H.


    全件表示
    主要総説・解説記事

    ビフィズス菌のクロスフィーディングを利用した炎症性腸疾患を予防するプロバイオティクスの開発.[北隆館 メディカル・サイエンス・ダイジェスト,2017年(12月), (2017)]大坪和香子、齋藤忠夫


    硫酸還元細菌の腸管における生態とその研究アプローチ.[日本無菌生物ノートバイオロジー学会 雑誌無菌生物,47(1), (2017), 30-34]大坪和香子


    畜産廃水処理システム由来の固形廃棄物の堆肥化における環境負荷低減化.[環境バイオテクノロジー学会 環境バイオテクノロジー学会誌,15(1), (2015), 17-22]大坪和香子、進藤絵里香、山田剛史、上田英代、上田裕一、渡辺昭、宮内啓介、遠藤銀朗


    ゲノム解析ソフトウエアGenomeMatcher.[化学と生物, (2010)]大坪嘉行、大坪和香子、永田裕二、津田雅孝


    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      学外の社会活動
      • 【東北学院大学 工学総合研究所公開講座】『微生物』が拓く安全・安心な社会(公開講座)(2014)
      • 桜美林大学 2012 年国際シンポジウム — The 2011 Japanese Tsunami: Disaster, Response, and Recovery(講演会・セミナー)(2012)
      全件表示
      データ更新日
      2019.06.15
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University