研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
石本 淳
ISHIMOTO Jun
所属
流体科学研究所
附属未到エネルギー研究センター
混相流動エネルギー研究分野
大学院担当
大学院情報科学研究科
システム情報科学専攻

職名
教授
学位
博士(工学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • マイクロ・ナノ固体窒素噴霧利用型半導体洗浄システムの開発 (2007)
    • 漂流物が混入した津波がおよぼす災害ダメージ予測システムの開発 (2013-)
    • マイクロキャビテーションを伴う高速液体噴霧微粒化に関する一体型シミュレーション技術の開発と各種ノズル融合設計手法の確立 (2005)
    全件表示
    研究キーワード
    混相流, 流体工学, 低温流体, 微粒化, 燃焼
    所属学会
    • 日本機械学会
    • ASME (アメリカ機械学会)
    • 日本混相流学会
    全件表示
    学会活動・学会役員
    • 日本混相流学会 研究企画委員会 サステナブル異分野融合型混相流 分科会・主査(2010)
    • 日本機械学会 第88期(2010年度)流体工学部門運営委員・運営委員(2010)
    • 日本機械学会・宇宙工学部門運営委員・第3企画委員会委員長(2008)
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Integrated Computational Study of Ultra-High Heat Flux Cooling Using Cryogenic Micro-Solid Nitrogen Spray.[Cryogenics,52,(2012)]Jun Ishimoto, U Oh, Daisuke Tan
    10.1016/j.cryogenics.2012.07.002


    Photoresist Removal-Cleaning Technology Using Cryogenic Micro-Solid Nitrogen Spray.[ECS Journal of Solid State Science and Technology (JSS Focus Issue on Semiconductor Surface Cleaning and Conditioning),3(1),(2014),N3046-N3053]Jun Ishimoto, U. Oh, Tomoki Koike and Naoya Ochiai
    10.1149/2.009401jss


    Numerical Study of Cryogenic Micro-Slush Particle Production Using a Two-Fluid Nozzle.[Cryogenics,49(1),(2009),39-50]Jun Ishimoto
    10.1016/j.cryogenics.2008.10.004


    Computational Prediction of the Effect of Micro-cavitation on an Atomization Mechanism in a Gasoline Injector Nozzle.[Trans. ASME, Journal of Engineering for Gas Turbines and Power,132(Issue 8),(2010),082801-]Jun ISHIMOTO, Fuminori Sato and Gaku Sato
    10.1115/1.4000264


    Integrated Numerical Prediction of Atomization Process of Liquid Hydrogen Jet.[Cryogenics,48,(2008),238-247]Jun Ishimoto, Katsuhide Ohira, Kazuki Okabayashi and Keiko Chitose
    10.1016/j.cryogenics.2008.03.006


    全件表示
    学術関係受賞
    • Cryogenics Best Paper Award 2009(2010)
    • 日本機械学会流体工学部門フロンティア表彰(2010)
    • 可視化情報学会第20期映像賞・フラッシュオブザイヤー(2009)
    • 日本混相流学会賞「技術賞」(2008)
    • 日本混相流学会論文賞(2003)
    全件表示
    報道
    • 半導体洗浄,人体に害無く -東北大が新技術 固体窒素を利用-(出演・執筆 新聞 日経産業新聞)(2011)
    • 原発配管の劣化箇所予測 新システムで画像化(出演・執筆 新聞 日経産業新聞)(2011)
    • CAT-V 120ch Meet the professor -TOHOKU UNIVERSITY-(出演・執筆 その他 CAT-V)(2010)
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      外部機関における活動
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2014.02.25
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University