研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
高村 仁
TAKAMURA Hitoshi
所属
大学院工学研究科・工学部
知能デバイス材料学専攻
情報デバイス材料学講座
エネルギー情報材料学分野
職名
教授
学位
博士(工学)
修士(工学)
研究分野
  • 構造・機能材料
  • 無機材料・物性
  • 金属物性
全件表示
研究課題
  • 家庭用燃料電池のための新たな高効率天然ガス改質システムの構築 (2000-)
  • 全固体型リチウム二次電池の開発 (2007-)
  • Mg基水素吸蔵合金に関する研究 (1999)
全件表示
研究キーワード
混合導電体, 酸素透過膜, イオン伝導体, リチウム電池
所属学会
  • 日本金属学会
  • 固体イオニクス学会
  • 日本セラミックス協会
全件表示
主要著書

Membrane Reactors for Energy Applications and Basic Chemical Production.[Elsevier Inc.,(2015)]H. Takamura
ISBN9781782422273


Encyclopedia of Applied Electrochemistry.[Springer New York,(2014)]H. Takamura
ISBN978-1-4419-6996-5


全件表示
主要論文

Li-Ion Conductivity and Phase Stability of Ca-Doped LiBH4 under High Pressure.[Inorg. Chem.,55(20),(2016),10484-10489]Mezaki, T., Kuronuma, Y., Oikawa, I., Kamegawa, A., Takamura, H.
10.1021/acs.inorgchem.6b01678
http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=2-s2.0-84992035103&partnerID=40


Enhancement of the lithium-ion conductivity of LiBH4 by hydration.[Solid State Ionics,285,(2016),47-50]Takano, A., Oikawa, I., Kamegawa, A., Takamura, H.
10.1016/j.ssi.2015.06.004
http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=2-s2.0-84957839300&partnerID=40


Low-temperature preparation of high-n TiO2 thin film on glass by pulsed laser deposition.[Appl Surf Sci,347,(2015),528-834]Ishii, A., Nakamura, Y., Oikawa, I., Kamegawa, A., Takamura, H.
10.1016/j.apsusc.2015.04.125
http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=2-s2.0-84945909541&partnerID=40


Correlation among Oxygen Vacancies, Protonic Defects, and the Acceptor Dopant in Sc-Doped BaZrO3 Studied by 45Sc Nuclear Magnetic Resonance.[Chem. Mater.,27(19),(2015),6660-6667]Oikawa, I., Takamura, H.
10.1021/acs.chemmater.5b02441
http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=2-s2.0-84944096589&partnerID=40


Effects of intermediate layer on interfacial resistance for all-solid-state lithium batteries using lithium borohydride.[Solid State Ionics,262,(2014),179-182]Takahashi, K., Maekawa, H., Takamura, H.
10.1016/j.ssi.2013.10.028
http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=2-s2.0-84903271517&partnerID=40


全件表示
主要総説・解説記事

蓄電池材料の最近の展開.[日本金属学会 まてりあ,56(3), (2017), 135-139]高村 仁
10.2320/materia.56.135


酸素透過性セラミックス膜による液体燃料からの水素製造.[セラミックス,50(4), (2015), 293-297]高村 仁


特集:次世代エネルギー技術で期待される分離膜 酸素透過膜による炭化水素改質.[膜,37(2), (2012), 67-73]高村 仁


セリア系酸素透過膜の開発.[セラミッ クス,42(11), (2007), 872-876]高村 仁


セリア系酸素透過性セラミックスを利用したメタンからの水素製造.[セラミックス, (2006), 959-963]高村 仁


全件表示
学術関係受賞
  • 第68回功績賞(2010)
  • 第28回本多記念研究奨励賞(2007)
  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞(2007)
  • 第14回(平成15年度)トーキン科学技術振興財団 研究奨励賞(2004)
  • 第23回村上奨励賞(2003)
全件表示
報道
  • 低コストの酸化チタン膜 高い透明度、液晶などに(資料提供 新聞 日経産業新聞)(2017)
  • Unveiling distribution of defects in proton conductors(資料提供 その他 EurekAlert!)(2015)
  • 燃えにくい固体電解質(資料提供 新聞 日経産業新聞)(2014)
全件表示
学外の社会活動
  • 第103回サイエンスカフェ(公開講座)(2014)
全件表示
ホームページ
http://ceram.material.tohoku.ac.jp/takamuraken/
データ更新日
2017.04.26
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University