研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
髙栁 栄子
TAKAYANAGI Hideko
所属
大学院理学研究科・理学部
地学専攻
地圏進化学講座
職名
助教
学位
博士(理学)
研究分野
    全件表示
    研究キーワード
    炭酸塩堆積学,炭酸塩地球化学,古環境学,古生物学
    所属学会
    • 日本地質学会
    • 地球環境史学会
    • 日本地球化学会
    全件表示
    学会活動・学会役員
    • 地球環境史学会・評議員(2014-2016)
    • 日本地質学会・代議員(2014-2016)
    全件表示
    主要論文

    Quantitative analysis of intraspecific variations in the carbon and oxygen isotope compositions of the modern cool-temperate brachiopod Terebratulina crossei.[Geochimica et Cosmochimica Acta,170,(2015),301-320]Hideko Takayanagi, Ryuji Asami, Tsuguo Otake, Osamu Abe, Toshihiro Miyajima, Hiroyuki Kitagawa, Yasufumi Iryu
    10.1016/j.gca.2015.08.006


    A newly discovered submerged reef on the Miyako-Sone platform, Ryukyu Island Arc, Northwestern Pacific.[Marine Geology,373,(2016),49-54]Arai, K., Matusa, H., Sasaki, K., Machiyama, H., Yamaguchi, T., Inoue, T., Sato, T., Takayanagi, H., Iryu, Y.
    10.1016/j.margeo.2016.01.007


    Carbonate sedimentationin seagrass beds in Ishigaki-jima, Ryukyu Islands, southwestern Japan.[Island Arc,(2015)]Fujita, K.,Asami, R.,Takayanagi, H.,Iryu, Y.


    Reply to the comment by Granier on “Early Aptian paleoenvironmental evolution of the Bab Basin at the southern Neo-Tethys margin: Response to global carbon-cycle perturbations across Ocean Anoxic Event 1a”.[Geophysics, Geochemistry, Geosystems,(2014)]Yamamoto, K., Ishibashi, M., Takayanagi, H., Asahara, Y., Sato, T., Nishi, H. and Iryu, Y.


    アラビア湾南岸におけるアプチアン階炭酸塩プラットフォームの発達とその石油地質学的意義..[地質学雑誌,(2014)]山本和幸・石橋正敏・高柳栄子・井龍康文
    10.5575/geosoc.2013.0046


    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本古生物学会第164回例会 優秀ポスター賞(2015)
    • 日本地質学会第121年大会(鹿児島)優秀講演賞(2014)
    • 日本地質学会第114年大会(札幌)優秀講演賞(2007)
    全件表示
    メールアドレス
    メールアドレス
    データ更新日
    2016.06.28
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University