研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
東谷 篤志
HIGASHITANI Atsushi
所属
大学院生命科学研究科
分子化学生物学専攻
分子ネットワーク講座
分子遺伝生理分野
職名
教授
総長補佐
生年月
1962.09
学位
理学博士
農学修士
研究分野
  • 分子生物学(分子生物学)
  • 放射線・化学物質影響科学
  • 遺伝・ゲノム動態
全件表示
研究課題
  • 動植物のストレス応答に関する研究 (2000-)
  • 配偶子形成と減数分裂に関する研究 (2000-)
  • 生殖細胞への放射線影響に関する研究 (2000-)
全件表示
研究キーワード
ゲノム, 細胞周期, DNA修復 減数分裂, 放射線障害, 高温障害,
所属学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本宇宙生物科学会
全件表示
主要著書

宇宙環境を利用するライフサイエンス実験‐宇宙へヒトが活躍する場の拡大に向けて‐.[Isotope News,(2007)]大西武雄、馬嶋秀行、高橋秀幸、東谷篤志、石岡憲昭


放射線照射に対する生物応答:モデル生物Cエレガンスを用いたイオンマイクロビームの照射研究.[放射線と産業,(2006)]東谷篤志


線虫の放射線応答:重イオンマイクロビームを用いた研究結果を中心に.[放射線生物研究,(2006)]森ちひろ、東谷篤志


減数分裂過程における放射線の影響.[化学と生物 41: 138‐141,(2003)]高浪タカ子, 東谷篤志


朝倉植物生理学講座第5巻 環境応答.[朝倉書店,(2001)]高橋秀幸,東谷篤志


全件表示
主要論文

Heat-Induced Calcium Leakage Causes Mitochondrial Damage in Caenorhabditis elegans Body-Wall Muscles..[Genetics,206(4),(2017),1985-1994]Momma, Kenta Homma, Takashi Isaka, Ruri Sudevan, Surabhi Higashitani, Atsushi
10.1534/genetics.117.202747
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28576866


Fluid dynamics alter Caenorhabditis elegans body length via TGF-beta/DBL-1 neuromuscular signaling.[NPJ Microgravity,2,(2016),16006-]Harada, Shunsuke Hashizume, Toko Nemoto, Kanako Shao, Zhenhua Higashitani, Nahoko Etheridge, Timothy Szewczyk, Nathaniel J. Fukui, Keiji Higashibata, Akira Higashitani, Atsushi
10.1038/npjmgrav.2016.6
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000377390600001&DestApp=WOS


Microgravity elicits reproducible alterations in cytoskeletal and metabolic gene and protein expression in space-flown Caenorhabditis elegans.[npj Microgravity,2,(2016),15022-]Akira Higashibata, Toko Hashizume, Kanako Nemoto, Nahoko Higashitani, Timothy Etheridge, Chihiro Mori, Shunsuke Harada, Tomoko Sugimoto, Nathaniel J Szewczyk, Shoji A Baba, Yoshihiro Mogami, Keiji Fukui, Atsushi Higashitani
10.1038/npjmgrav.2015.22


Caenorhabditis elegans ATR checkpoint kinase ATL-1 influences life span through mitochondrial maintenance..[Mitochondrion,(2013)]Suetomi, Kazuhiro Mereiter, Stefan Mori, Chihiro Takanami, Takako Higashitani, Atsushi
10.1016/j.mito.2013.02.004
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23434802


Innate immune genes including a mucin-like gene, mul-1, induced by ionizing radiation in Caenorhabditis elegans..[Radiat Res,178(4),(2012),313-320]Kimura, Takafumi Takanami, Takako Sakashita, Tetsuya Wada, Seiichi Kobayashi, Yasuhiko Higashitani, Atsushi
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22967128


全件表示
主要総説・解説記事

Male sterility accompanied with abnormal anther development in plants - genes and environmental stresses with special reference to high temperature injury..[International Journal of Plant Developmental Biology,2(1), (2008), 42-51]Sakata T, Higashitani A.


全件表示
学術関係受賞
  • 日本宇宙生物科学会賞(2013)
  • 学術奨励賞(2007)
  • Genes and Genetic Systems GSS Prize 2005(2005)
全件表示
報道
  • RNA干渉や筋肉の衰え 宇宙で仕組み検証(出演・執筆 新聞 河北新聞)(2009)
  • “細胞死”宇宙でも正常に(出演・執筆 テレビ NHKテレビ)(2005)
  • 発がん防ぐ機能担う「細胞死」 宇宙でもアポトーシス(出演・執筆 新聞 読売新聞)(2005)
全件表示
学外の社会活動
  • 武蔵野市寄付講座 現代教養特講 宇宙進出の最前線(公開講座)(2016)
  • 大西宇宙飛行士 国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッション報告会 in 宮城県仙台市(講演会・セミナー)(2017)
  • 宮城第一高校 出前授業(小中高との連携)(2016)
全件表示
メールアドレス
メールアドレス
データ更新日
2018.01.25
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University