研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
宮﨑 讓
MIYAZAKI Yuzuru
所属
大学院工学研究科・工学部
応用物理学専攻
応用材料物理学講座
機能結晶学分野
職名
教授
東北大学地域産業支援アドバイザー
生年月
1964.08
学位
博士(工学)
研究分野
  • 無機材料・物性 (無機材料,物性)
  • 構造・機能材料 (機能材料)
全件表示
研究課題
  • 酸化物熱電変換材料の固体化学 (1999-)
  • ケイ化物複合結晶の熱電特性 (2007-)
  • 電気化学的手法による新規機能性材料の創製 (1999-)
全件表示
研究キーワード
機能性酸化物,熱電変換,複合結晶
所属学会
  • International Thermoelectric Society
  • American Chemical Society
  • 日本熱電学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    熱電変換技術ハンドブック.[株式会社エヌ・ティー・エス,(2008)]宮崎 譲
    ISBN978-4-86043-257-7


    環境調和型新材料シリーズ 熱電変換材料.[日刊工業新聞社,(2005)]宮崎 譲、舟橋良次
    ISBN4-526-05538-7


    熱電変換技術の基礎と応用 ークリーンなエネルギー社会を目指してー.[シーエムシー出版,(2011)]宮崎 譲
    ISBN978-4-7813-0480-9


    全件表示
    主要論文

    Preparation and Crystal Structure of Sr2CuO2(CO3).[PHYSICA C,191,(1992),434-440]Y.Miyazaki, H.Yamane, T.Kajitani, T.Oku, K.Hiraga, Y.Morii, K.Fuchizaki, S.Funahashi and T.Hirai


    Low-Temperature Thermoelectric Properties of the Composite Crystal [Ca2CoO3.34]0.614[CoO2].[Japanese Journal of Applied Physics,39,(2000),L531-L533]Y. Miyazaki, K. Kudo, M. Akoshima, Y. Ono, Y. Koike and T. Kajitani


    The Crystal Structure of (C0.4Cu0.6)Sr2 (Y0.86Sr0.14)Cu2O7.[PHYSICA C,198,(1992),7-13]Y.Miyazaki, H.Yamane, N.Ohnishi, T.Kajitani, K.Hiraga, Y.Morii, S.Funahashi and T.Hirai


    Modulated Structure of the Composite Crystal Ca0.83CuO2.[Journal of Solid State Chemistry,163,(2002),540-545]Y. Miyazaki, M. Onoda, P. P. Edwards, S. Shamoto and T. Kajitani


    Modulated Structure of the Thermoelectric Compound [Ca2CoO3]0.62CoO2.[Journal of Physical Society Japan,71,(2002),491-497]Y. Miyazaki, M. Onoda, T. Oku, M. Kikuchi, Y. Ishii, Y. Ono, Y. Morii and T. Kajitani


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 本多記念研究奨励賞(1995)
    • 日本金属学会奨励賞(1995)
    • 原田研究奨励賞(2002)
    全件表示
    報道
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        外部機関における活動
          全件表示
          オープンキャンパス・研究所公開等
            全件表示
            ホームページ
            http://www.apph.tohoku.ac.jp/ymiyazaki-lab/
            メールアドレス
            メールアドレス
            データ更新日
            2020.09.11
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University