研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
丸山 公一
MARUYAMA Kouichi
所属
大学院工学研究科・工学部
大学院担当
大学院工学研究科・工学部
材料システム工学専攻

職名
教授
生年月
1949.02
学位
工学博士
研究分野
  • 金属物性
  • 構造・機能材料
  • 無機材料・物性
全件表示
研究課題
  • 金属間化合物とセラミックスの高温変形 (1993-)
  • フェライト系耐熱鋼の損傷評価 (1986-)
  • ポーラス材料の高温変形と破壊 (2005)
全件表示
研究キーワード
力学的性質, 組織設計, 高温変形, 構造材料, 高温材料, 金属間化合物
所属学会
  • 日本金属学会
  • 日本鉄鋼協会
  • 軽金属学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本鉄鋼協会・理事(2007-2009)
全件表示
主要著書

高温強度の材料科学-クリ-プ理論と実用材料への適用.[(1997)]丸山公一;中島英治


全件表示
主要論文

Interfacial strengthening by soft phase in lamellar microstructure of TiAl alloys.[Applied Physics Letters,90,(2007),171925-1-3]Hanliang Zhu, K. Maruyama, D.Y. Seo and P. Au
http://hdl.handle.net/10097/46917


Prediction of breakdown transition of creep strength in advanced high Cr ferritic steels by hardness measurement of aged structures at high temperature.[Key Engineering Materials,345(346),(2007),553-556]Hassan Ghassemi Armaki, Kouichi Maruyama, Mitsuru Yoshizawa and Masaaki Igarashi


Microstructure and Mechanical Properties of Mg-Al-Ca-Sm alloys at high temperature.[Key Engineering Materials,345(346),(2007),653-656]H. T. Son, J. S. Lee, J. M. Hong, I. H. Oh, K. Yoshimi and K. Maruyama


Multiregion Analysis of Creep Rupture Data of 316 Stainless Steel.[International Journal of Pressure Vessels and Piping,84,(2007),171-176]K. Maruyama, H. Ghassemi Armaki, K. Yoshimi


Formability of Continuous Cast Thin 5052 Alloy Thin Sheets.[J. of Materials Science,42,(2007),588-594]Hanliang Zhu, Amit K. Ghosh, K. Maruyama


全件表示
学術関係受賞
  • 日本金属学会 第7回功労賞(2009)
  • 第6回軽金属功績賞(2008)
  • 日本金属学会 増本量賞(2007)
  • 日本金属学会学術貢献賞(2006)
  • 日本金属学会優秀ポスター賞(2006)
全件表示
外部機関における活動
  • (独)日本学術振興会(2009-2011)
全件表示
メールアドレス
メールアドレス
データ更新日
2013.05.29
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University