研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
岸本 直樹
KISHIMOTO Naoki
所属
大学院理学研究科・理学部
化学専攻
職名
准教授
生年月
1970.03
学位
博士(理学)
研究分野
  • 物理化学
  • 原子・分子・量子エレクトロニクス・プラズマ
全件表示
研究課題
  • 化学反応経路の量子化学探索 (2014-)
  • 電子分光法による衝突イオン化反応素過程に関する研究 (1993-)
  • 光電子-光イオンコインシデンス計測による立体反応ダイナミクス (2012-)
全件表示
研究キーワード
化学反応動力学, 量子化学, 化学反応経路
所属学会
  • 日本化学会
  • 日本物理学会
  • 分子科学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 原子衝突学会・役員(2012-2014)
  • 原子衝突学会・編集委員会・編集委員(事務局)(2014-2016)
  • 原子衝突研究協会・広報委員(2010-2011)
全件表示
主要著書

図説 量子化学 -分子軌道への視覚的アプローチ-.[(2002)]大野公一, 山門英雄, 岸本直樹


全件表示
主要論文

An automated efficient conformation search of L-serine by the scaled hypersphere search method.[Chemical Physics Letters,652,(2016),209-215]Naoki Kishimoto, Manami Harayama, and Koichi Ohno
10.1016/j.cplett.2016.04.039


Automated exploration of isomerization and dissociation pathways of ethylene sulfide cation by the global reaction route mapping method.[Chemical Physics Letters,641,(2015),97-103]Takaki Tokiwa, Naoki Kishimoto, and Koichi Ohno
10.1016/j.cplett.2015.10.041


Two-Dimensional Penning Ionization Electron Spectroscopy of Open-Shell Metallocenes: Outer Valence Ionic States of Vanadocene and Nickelocene.[The Journal of Physical Chemistry A,117(14),(2013),3025-3033]Naoki Kishimoto, Miku Kimura, and Koichi Ohno


Stereodynamics and Outer Valence Ionic States of Ferrocene in Collisional Ionization with a He*(23S) Metastable Atom by Two-Dimensional Penning Ionization Electron Spectroscopy.[J. Phys. Chem. A,113,(2009),521-526]Naoki Kishimoto and Koichi Ohno


Determination of outer molecular orbitals by collisional ionization experiments and comparison with Hartree-Fock, Kohn-Sham, and Dyson orbitals.[Phys. Rev. A,75,(2007),032721-1-8]Masakazu Yamazaki, Takuya Horio, Naoki Kishimoto, and Koichi Ohno


全件表示
主要総説・解説記事

Observation of Anisotropic Interactions between Metastable Atoms and Target Molecules by Two-Dimensional Collisional Ionization Electron Spectroscopy.[International Reviews in Physical Chemistry,26(1), (2007), 93-138]Naoki Kishimoto and Koichi Ohno


励起原子プローブで分子を見る ―衝突イオン化における立体異方性の観測―.[日本物理学会誌,62(7), (2007), 518-522]岸本直樹、大野公一


時間相関2次元ペニング電子分光法による原子分子衝突電離の立体異方性の観測.[原子衝突研究協会誌・しょうとつ,3(6), (2006), 7-18]岸本直樹


2次元ペニングイオン化電子分光法による衝突反応の立体ダイナミクスの研究.[日本真空協会 真空,48(7), (2005), 403-408]岸本直樹・大野公一


時間相関2次元ペニングイオン化電子分光法による励起ヘリウム原子-分子間相互作用の立体異方性.[日本分光学会 分光研究,50(4), (2001), 157-166]岸本直樹、大野公一


全件表示
学術関係受賞
  • 日本物理学会若手奨励賞(領域1)(2007)
  • 原子衝突研究協会若手奨励賞(2006)
  • 日本分光学会論文賞(2003)
  • 日本化学会若い世代の特別講演会(2007)
全件表示
報道
  • 「量子化学」第9回 電子の分光(出演・執筆 テレビ 放送大学)(2009)
全件表示
学外の社会活動
  • 出前授業(中学)(小中高との連携)(2009)
  • 出前授業(小学)(小中高との連携)(2009)
全件表示
外部機関における活動
    全件表示
    行政機関・企業・NPO等参加
    • 文部科学省(国) 研究振興局 学術調査官(2009-2011)
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
    • オープンキャンパス・化学専攻・「光と真空で調べる分子の科学」(実施)(2006)
    全件表示
    ホームページ
    http://qpcrkk.chem.tohoku.ac.jp/~kishi/index.html
    メールアドレス
    メールアドレス
    データ更新日
    2018.09.20
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University