研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
大堀 淳
Atsushi Ohori
所属
電気通信研究所
システム・ソフトウェア研究部門
ソフトウェア構成研究室
ソフトウエア構成研究分野
大学院担当
大学院情報科学研究科
システム情報科学専攻

職名
教授
生年月
1957.01
学位
Ph.D
研究分野
  • ソフトウエア
全件表示
研究課題
  • 次世代プログラミング言語SML#の開発 (2003-)
  • 証明論に基づくコンパイラの系統的な構築法の研究 (2009-)
  • プログラミング言語とデータベースの統合の研究 (2009-)
全件表示
研究キーワード
プログラミング言語,コンパイラ,ML,論理学,型理論
学会活動・学会役員
  • The Computer Journal・Editorial Board Member(1993-2008)
  • Higher-Order and Symbolic Computation・Advisary Board Member(2002-)
  • Journal of Information Systems・Associate Editor(1993-2002)
全件表示
主要著書

プログラミング言語の基礎理論 情報数学講座9.[共立出版,(1997)]大堀 淳


コンピュータサイエンス入門,アルゴリズムとプログラミング言語..[岩波書店,(1999)]大堀 淳,ジャック・ガリグ,西村 進


プログラミング言語Standard ML入門.[共立出版,(2001)]大堀 淳


ライブラリ 情報学 コア・テキスト 5 計算機システム概論 -基礎から学ぶコンピュータの原理とOSの構造-.[サイエンス社,(2010)]大堀 淳
ISBN978-4-7819-1250-9


全件表示
主要論文

A Polymorphic Record Calculus and Its Compilation.[ACM Transactions on Programming Languages and Systems,17(6),(1995),844-895]Atsushi Ohori


Polymorphism and Type Inference in Database Programming.[ACM Transactions on Database Systems,21(1),(1996),30-76]Peter Buneman, Atsushi Ohori


A proof theory for machine code.[ACM Transactions on Programming Languages Systtems,29(6),(2007)]Atsushi Ohori


A static type system for JVM access control.[ACM Transactions on Programming Languages and Systems,29(1),(2007)]Tomoyuki Higuchi, Atsushi Ohori


Using Powerdomains to Generalize Relational Databases.[Theoretical Computer Science,91(1),(1991),23-55]Peter Buneman, Achim Yung, Atsushi Ohori1


全件表示
主要総説・解説記事

全件表示
学術関係受賞
  • 日本IBM科学賞(1996)
全件表示
外部機関における活動
    全件表示
    行政機関・企業・NPO等参加
      全件表示
      データ更新日
      2016.07.29
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University