研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
中村 教博
Norihiro Nakamura
所属
高度教養教育・学生支援機構
教育内容開発部門
自然科学教育開発室
職名
教授
大学院理学研究科地学専攻教授
学位
博士(理学)
研究分野
  • 地質学
全件表示
研究キーワード
固体地球磁気学, 構造地質学
所属学会
  • 地球電磁気・地球惑星圏学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Stretched exponential relaxation of viscous remanence and magnetic dating of erratic boulders.[Journal of Geophysical Research (Solid Earth),121,(2016),7707-7715]Sato,T., Nakamura, N., Nagahama, H., Minoura, K.
    10.1002/2016JB013281


    Inverse magnetic fabric in unconsolidated sandy event deposits in Kiritappu Marsh, Hokkaido, Japan.[Sedimentary Geology,349,(2017),112-119]Kon, S. Nakamura, N., Nishimura, Y., Goto, K., Sugawara, D.
    10.1016/j.sedgeo.2017.01.003


    Paleomagnetism reveals the emplacement age of tsunamigenic coral boulders on Ishigaki Island, Japan.[Geology,42,(2014),603-606]Sato, T., Nakamura,N., K. Goto, Y. Kumagai, H. Nagahama and K. Minoura
    10.1130/G35366.1


    Striped domains of coarse-grained magnetite observed by X-ray photoemission electron microscopy as a source of the high remanence of granites in the Vredefort dome.[Frontiers in Earth Science: Geomagnetism and Paleomagnetism,(2015)]Hiroto Kubo, Norihiro Nakamura, Masato Kotsugi, Takuo Ohkochi, Kentaro Terada, Kohei Fukuda
    10.3389/feart.2015.00031


    Vortex Magnetic Structure in Framboidal Magnetite Reveals Existence of Water Droplets in an Ancient Asteroid.[Nature Communications,(2013)]Kimura, Y., Sato, T., Nakamura, N., Nozawa, J., Nakamura, T., Tsukamoto, K. and Yamamoto, K.
    10.1038/ncomms3649


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      報道
        全件表示
        学外の社会活動
          全件表示
          外部機関における活動
            全件表示
            行政機関・企業・NPO等参加
              全件表示
              オープンキャンパス・研究所公開等
                全件表示
                ホームページ
                https://sites.google.com/site/norihironakamura21/
                メールアドレス
                メールアドレス
                データ更新日
                2017.08.29
                Englishこのページのトップへ
                copyright(c)2005 Tohoku University