研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
小泉 政利
KOIZUMI Masatoshi
所属
大学院文学研究科・文学部
言語科学専攻
言語学講座
言語学分野
職名
准教授
研究分野
  • 言語学
  • その他(認知科学)
全件表示
研究課題
  • OS型言語の文処理メカニズムに関するフィールド言語認知脳科学的研究 (2010-)
  • 統語処理の脳内基盤の解明とその教育への応用 (2002-)
全件表示
研究キーワード
脳機能イメージング, 統語解析, 言語習得, 言語機能, 文法理論, 統語論, 教育
所属学会
  • 日本言語学会
  • ヒト脳機能マッピング学会 (OHBM)
  • アメリカ言語学会又は米国言語学会
全件表示
主要著書

文の構造.[(2001)]小泉 政利, 他


Phrase Structure in Minimalist Syntax.[(1999)]KOIZUMI Masatoshi


障壁理論.[研究社,(1994)]小泉政利 大石正幸 外池滋生 他


全件表示
主要論文

Psycholinguistic evidence for the VP-internal subject position in Japanese.[Linguistic Inquiry,41,(2010),663-680]Masatoshi Koizumi, Katsuo Tamaoka


Left Inferior Frontal Activations Differentially Modulated by Scrambling in Ditransitive Sentences.[The Open Medical Imaging Journal,6,(2012),70-79]Masatoshi Koizumi, Jungho Kim, Naoki Kimura, Satoru Yokoyama, Shigeru Sato, Kaoru Horie and Ryuta Kawashima


Second-language instinct and instruction effects: Nature and nurture in second-language acquisition.[Journal of Cognitive Neuroscience,23,(2011),2716-2730]Noriaki Yusa, Masatoshi Koizumi, Jungho Kim, Naoki Kimura, Shinya Uchida, Satoru Yokoyama, Naoki Miura, Ryuta Kawashima, Hiroko Hagiwara


Left Inferior Frontal Activations Depending on the Canonicity Determined by the Argument Structures of Ditransitive Sentences: An MEG Study.[PloS ONE,7(5),(2012),e37192-]Inubushi T, Iijima K, Koizumi M, Sakai KL
10.1371/ journal.pone.0037192


Priority information used for the processing of Japanese sentences: Thematic roles, case particles or grammatical functions?.[Journal of Psycholinguistic Research,34(3),(2005),273-324]Tamaoka, Katsuo, Hiromu Sakai, Jun-ichi Kawahara, Yayoi Miyaoka, Hyunjung Lim, and Masatoshi Koizumi


全件表示
主要総説・解説記事

全件表示
オープンキャンパス・研究所公開等
  • 言葉の不思議:音のない言語表現をめぐって(公開授業・講演)(2001)
  • 言葉を理解する脳の働き(公開授業・講演)(2006)
  • 言葉を生み出す脳の働き(公開授業・講演)(2009)
全件表示
メールアドレス
メールアドレス
データ更新日
2012.07.20
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University