研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
田中 信也
TANAKA Shinya
所属
環境保全センター
職名
講師
生年月
1981.06
学位
学術
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • Lewis酸と塩基の組み合わせを用いるアルケンの求電子置換反応の開発 (2014-)
    • 二酸化炭素を用いる不飽和炭化水素化合物の直接カルボキシル化反応の開発 (2012-)
    • ハイブリッド型カリックス[4]アレーンの実践的合成法とその機能開発 (2012-)
    全件表示
    研究キーワード
    有機合成化学,触媒化学
    所属学会
    • 日本化学会
    • 有機合成化学協会
    • 触媒学会
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Electrophilic Borylation of Terminal Alkenes with BBr3/2,6-Disubstituted Pyridines.[Organic Letters,20(7),(2018),1828-1831]Shinya Tanaka, Yuki Saito, Takaya Yamamoto, and Tetsutaro Hattori
    10.1021/acs.orglett.8b00335


    EtAlCl2/2,6-Disubstituted Pyridine-Mediated Carboxylation of Alkenes with Carbon Dioxide.[Organic Letters,18(11),(2016),2576-2579]Shinya Tanaka, Kota Watanabe, Yuuki Tanaka, Tetsutaro Hattori
    10.1021/acs.orglett.6b00918


    Pd(II) complexes ligated by 1,3-bis(diphenylphosphino)calix[4]arene: Preparation, X-ray structures, and catalyses.[Organometallics,35(3),(2016),420-427]Kengo Hirasawa, Shinya Tanaka, Takeru Horiuchi, Takahiro Kobayashi, Takumi Sato, Naoya Morohashi, and Tetsutaro Hattori
    10.1021/acs.organomet.5b00999


    Lewis Acid-Mediated α-Selective Hydrocarboxylation of α-,α-Diaryl- and α-Arylalkenes with R3SiH and CO2.[Tetrahedron Letters,56(24),(2015),3830-3834]Shinya Tanaka, Yuuki Tanaka, Masafumi Chiba, Tetsutaro Hattori
    10.1016/j.tetlet.2015.04.090


    Me2AlCl-mediated carboxylation, ethoxycarbonylation, and carbamoylation of indoles.[Tetrahedoron,72(5),(2015),734-745]Koji Nemoto, Shinya Tanaka, Megumi Konno, Satoru Onozawa, Masafumi Chiba, Yuuki Tanaka, Yosuke Sasaki, Ryo Okubo, and Tetsutaro Hattori
    10.1016/j.tet.2015.12.028


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 平成27年度(第28回)有機合成化学協会研究企画賞(2015)
    全件表示
    ホームページ
    http://www.che.tohoku.ac.jp/~orgsynth/
    データ更新日
    2019.09.19
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University