研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
佐々木 理
SASAKI Osamu
所属
学術資源研究公開センター
総合学術博物館
研究部
インテリジェンス研究系
職名
准教授
研究分野
  • 層位・古生物学
全件表示
研究課題
  • X線CT技術を用いた海洋炭酸イオン濃度指標の開発 (2009-)
  • 浮遊性有孔虫デジタル標本システムの開発 (2003-)
  • X線CT法による現生・化石アリ類の形態解析法の開発 (2009-)
全件表示
研究キーワード
形態解析,群集変動解析,古環境推定
所属学会
  • 日本地質学会
  • 日本古生物学会
全件表示
主要論文

Discrimination of two new Anadara species using shell growth parameters and Further descriptons.[Transactions and proceedings of the paleontological society of Japan New series,161,(1991),697-713]SASAKI Osamu


Parameters for description of the shell form of genus Anaclara(Mollusca : Bivalvia).[Transactions and proceedings of the paleontological society of Japan New series,158,(1990),513-534]SASAKI Osamu


仙台市南西部に分布する中新統旗立層の浮遊性有孔虫層序.[地質学雑誌,107(4),(2001),258-268]島本昌憲,大田聡,林広樹,佐々木理,斎藤常正


Cobb Mountain spike of the kuroshio Current detected by Ostracoda in the lowen Omma Formation(Early Pleistocene), Kanazawa City, central Japan : analysis of depositional environments..[Proceedings of the 11th International symposium on Ostracoda,(1993),315-334]Ishizaki, K., Irizuki, T. and Sasaki O.


Analysis of morphological changes through ontogeny : genera Battinicythere and Elotsonella(Hemicytherinae).[Proceedigns of the 11th International symposium on Ostracoda,(1993),335-350]Irizuki, T. and Sasaki O.


全件表示
学外の社会活動
  • 東北地方太平洋沖地震被災文化財等レスキュー事業(その他)(2010-)
  • 東北大学総合学術博物館のすべてXII「復興、南三陸町・歌津魚竜館」(展示会)(2012)
  • 理学部自然史標本館常設展示「デジタル展示」(展示会)(2010-)
全件表示
行政機関・企業・NPO等参加
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
    • デジタルな標本 IV(公開授業・講演)(2012)
    • 展示「デジタルな学術標本III」(企画)(2011)
    • 展示「デジタルな学術標本II」(企画)(2010)
    全件表示
    データ更新日
    2012.10.10
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University